すまこ日記/すまいポート21仙台泉のスタッフブログ

2019年06月17日

住宅情報誌「みやぎの住まいづくりVOL.24」発売開始

これから宮城ですまいづくりをはじめる方へ

みやぎの住まいづくりvol.24が書店にて発売開始となりました!

 

すまいポート21仙台泉に登録している建築会社 56 の耐震、断熱、坪単価等々の情報を一挙公開!大手ハウスメーカー、ビルダー、工務店を探せる、選べる、比較できる住宅情報誌ですlaugh

 

今回もすまいポート21仙台泉で「設計コンペ」をご利用いただき、注文住宅を新築された二つの体験談とお住まいを掲載しています。

 

土地探しからお手伝いさせていただきましたS様。土地探しではすまいポート21の一級建築士もご見学に同行させていただき、新築するにあたってアドバイスをさせていただきました。そして、建築会社選びにおいては、後悔する住まいづくりはしたくない設計コンペをご利用いただきました。コンペに参加した工務店5社からのご提案をじっくりご家族で比較、検討し、S様にとって最適な1社をお選びいただきました。お住まいになってからのメンテナンスにあまり費用がかからない事と日当たりの良い明るいLDKがご要望でした。建物が完成し、S様から「満足できる住まいになった」とのお言葉をいただき、スタッフ一同、とても嬉しく思いますblush

 

もう一つの体験談は、ご両親が住むご実家を建替え、二世帯住宅を新築されたK様。ご自身で総合展示場を何度も見に行ったけど、理想とする二世帯住宅のモデルハウスが見当たらず、どのようにして二世帯が気兼ねなく、快適に過ごせる二世帯住宅を建てたらよいのか悩み、ご相談にいらっしゃいました。

注文住宅はそのご家族や親子関係、価値観でそれぞれカタチが異なる為、同じものはありません。S様が理想とする二世帯住宅を具現化できる建築会社選びの大切さ。モデルハウスやカタログに頼りがちなイメージだけの建築会社選びは後悔する可能性があることをお話させていただきましたlaugh

K様の設計コンペは大手ハウスメーカー1vsビルダー1vs工務店3社の計5社からご提案させていただきました。もちろんコンペには親世帯、子世帯みなさんにご来店いただき、今後、二世帯での生活を意識していただきながら建築会社を比較、検討いただきました。コンペの結果は総合力と誠意、熱意から大手ハウスメーカーをお選びいただきましたが、K様は当初、自分が大手ハウスメーカーで家を建てることが出来るとは思っていなかったそうです。5社のプランと見積りを比較し、適正な価格であると判断することができたそうです。

満足のいく住まいに住んで、これから増々お仕事も頑張れますとおっしゃっておられました。

住まいづくりを通じてこれまで別々に住んでいた親子の絆を感じた設計コンペでしたwink

2018年12月16日

これから宮城で住まいづくりをはじめる方へ

住宅情報誌【みやぎの住まいづくりvol.22】が書店にて発売開始となりましたlaugh
すまいポート21仙台泉に登録しているハウスメーカー・ビルダー・工務店 全56社の耐震や断熱の仕組み、坪単価などの情報を一挙公開!!
探せる」「選べる」「比較できる」情報誌として、これから住まいづくりをはじめる方には必見ですwink


設計コンペでかなえたお住まいのページでは3つ体験談を掲載しております。
どのようにして建築会社を選び、注文住宅を建てたのか??
実際、家を建てた方の生の声は参考になると思いますlaugh


体験談として今回、ご紹介させていただいた「M様」
頻繁に海外出張があり、なかなか住まいづくりに時間が取れずおりましたが、みやぎの住まいづくりを見て、すまいポート21仙台泉を知り、ご来店いただきました。
土地探しからのご相談でサポートさせていただきましたが、すまいポート21の一級建築士と一緒に土地を見学し、アドバイスを受け、土地購入をご決断され、設計コンペをご利用いただきました。
M様の住まいに対するこだわりポイントは「高気密・高断熱」ご夫婦共に他県のご出身で宮城の冬の寒さは耐え難く、特に奥様は冷え性で寒がりというのがはじまりでした。
仕事が忙しいM様にとって「設計コンペ」は一度に複数の建築会社を自分のペースでじっくり比較・検討できるところにとてもご満足いただけたようです。
お選びいただいた建築会社は外断熱工法を強みとして長年、注文住宅を建築してきた工務店で、建物の性能と担当者との相性が決め手となったそうです。
M様には外構コンペもご利用いただきましたので、資金相談⇒土地探し⇒設計コンペ⇒外構コンペとフルですまいポート21仙台泉をご利用いただきました。
M様と出会って1年9カ月。途中、2人目のお子様がお産まれになるなど色々と思い出もございますが、M様にご満足のいく住まいづくりをしていただくことができて嬉しい限りですsmiley

もう一つご紹介させていただいている「I様」の体験談
ご家族でアパートにお住まいでしたが、お子様が大きくなり手狭になってきたので、お母様とお婆様が暮らすご実家を建替え、多世帯同居型の注文住宅を建てたいとご相談にいらっしゃいました。
お子様が3人で7人家族になることから、家族全員が楽しく快適に過ごせる家で周囲ののどかな風景と調和のとれた和モダンの外観がご要望でした。
お母様のお知り合いで地元工務店も検討されておりましたが、その工務店さんも以前からすまいポート21仙台泉にご登録いただいておりましたので、その工務店さんにも設計コンペにご参加いただきコンペを行いました。
I様がお選びになった建築会社はオシャレでデザイン性の高い建物を得意とする会社でスタッフは女性が多く、女性目線のご提案住まいづくりが楽しくなる工務店でした。
ご家族みなさんの想いが詰まった住まいが完成し、I様からも大変ご満足をいただくことができました。I様の大切な住まいづくりに携わることが出来て幸いでしたblush

2018年12月11日

注文住宅を建てる際の外観デザイン「種類と特長」

注文住宅で新築する方のご要望は、近年、住宅に関するいろいろな情報が手軽に入手できることから多様化しており、こだわりポイントも様々です。
新興住宅地に行ってみると個性豊かな外観の住宅が建ち並んでいます。特にデザイン性にこだわりたい方にとって外観のイメージはとても重要ですよねwink

 

そこで今回は、今人気の外観デザイン種類別にご紹介したいと思います。

 

最近、特に人気の外観デザインは【シンプルモダン

シンプルモダンを直訳すると「シンプル=単純・飾り気のない」「モダン=現代的」つまり、単純で飾り気のない、現代的なデザインです。ボックス型の形状が基本で、屋根形状も片流れやフラットなものが多く、直線的なシンプルさとシャープでスタイリッシュな

シルエットの美しさが魅力です。シンプルだからこそ、色だけでなく使われる素材の質感が際立ちます。余分な装飾を省き、無駄のないボックス型の形状はコスト的にもメリットがあります。シンプルでありながら、外壁材や塗料の色によって個性を表現できることが注文住宅で家を建てる方から人気を集めています。

 

シンプルモダン同様に人気なのが【和モダン

現代的な建物に「和:日本らしさ」のテイストを加えたデザインで、新しさの中に素朴でどこか懐かしさを感じることができるデザインです。日本人が昔から持っている伝統的な美的センスをアクセントとして取り入れている為、純和風のデザインに比べて若い世代にも受け入れやすく、逆に新鮮に感じます。シンプルなデザインを基本としながら自然がもつ素材の色合いや質感を活かした落ち着いた佇まいが魅力です。伝統的な日本家屋に使われていた格子や石など使って和の雰囲気を醸し出します。好みに応じて「和」の要素を加減することが可能です。外観だけでなく内装や家具も統一した和モダンスタイルが人気です。

 

時が経っても飽きのこない外観として【和洋折衷スタイル

和風と洋風をバランスよく取り入れアレンジした、現代風のスタイルです。オーソドックスで流行に左右されにくいため、どんな街並みにも調和しやすいのが特徴です。様式にとらわれない自分らしさを表現できるデザイン。外観には、レンガ柄やタイル柄などが多く使われています。流行りに流されず、それでいて、さりげなく今どきのデザインがお好みの方にはおすすめです。

 

一昔前では「洋風」でまとめて表現されていたデザインも家を建てる方のこだわりによってデザインが多様化し、分類されてきました。

 

北欧風

大きな切妻屋根が重厚感を醸し出す、木材などの自然素材をふんだんに使ったナチュラルイメージの外観デザインです。

 

南欧風

南欧の抜けるような青空に映える、明るい色調の外壁にテラコッタ風の瓦を組み合わせた外観デザインです。

 

アーリーアメリカンスタイル

明るい色調のよろい板張り柄、 白く塗装されたポーチ柱や飾り戸などが特徴的なアメリカ東海岸の開拓時代を彷彿とさせる外観デザインです。

 

ブリティッシュスタイル

イギリスの歴史と伝統を感じさせる、重厚で格調高い外観デザイン。急勾配の屋根にレンガ柄と塗り壁を組み合わせ、ハーフティンバーを縦・横・斜めに飾るスタイルが特徴的です。

 

新築をお考えの方は住宅情報誌やインターネットで好みの外観写真を多くご覧になっていらっしゃいます。見過ぎてしまい、あれもこれも良くなって、なかなか外観イメージが統一しないことも…crying

イメージがしっかり出来てないと、完成後、全体的に調和がとれていない外観の建物になってしまう可能性もありますのでご注意下さい。

建築会社によっても得意とする外観デザインがあります。施工事例などを参考にしながら部分的ではなく、住まいづくりのコンセプトを明確にしていただくことをおすすめいたします


 

2018年11月25日

親の老後を考えた二世帯住宅

高齢化社会が加速している現在では、親の老後を考えて、将来の在宅介護を見据えた二世帯住宅をお考えの方からのご相談が増えています。在宅介護といっても昔と違って、同居する子どもだけでおこなうのではなく、介護保険サービスを活用し、介護サービス事業者と連携することによって親も子も負担にならない介護を目指し、その上で介護サービスを受け入れやすい間取りや設備選びの配慮が求められておりますindecision
 

そこでまず考えなければならないのが「バリアフリー対策

バリアフリーとは「障害や障壁がない」という意味で、介護される側も介護する側にとっても大切なことです。住まいづくりおいては日常生活で物理的な障害や、精神的な障壁になるようなものを取り除く対策として段差をなくすことはよく知られていると思います。今では一般的ですが敷居の段差を解消し、床はフラットで段差がありません。他にも玄関までのアプローチをスロープにするような対策も取られていますlaugh

 

また、介護となると寝たきりの生活も考え、寝室を中心とした間取りと動線を考慮しなければなりません。

例えばトイレは寝室から近いところで、車椅子でも一人でトイレに行けるよう通路幅やトイレの広さ、手すりの設置などが考えられます。二世帯住宅に限らず、自分たちの老後を考えるとそうすることによって、将来、不便な思いをしなくて済むかもしれません。家は長く住み続けるものです。いくつになっても家族が安心・安全で精神的にも快適に生活できる視点で間取りを考えることも大切です。
 

二世帯住宅は主に3つのタイプに分類されます。

玄関や水周りも全て世帯ごとに独立させた「分離型

生活空間は分けても玄関や水回りの一部を共有した「共有型

玄関や水周りだけでなく全ての空間を分けず共有した「同居型」の3タイプです。
 

それでは介護サービスを受け入れやすいのはどのタイプでしょうか?
 

家族全員のことを考えると分離型の二世帯住宅が意外にも適しているようです。
生活空間のすべてが一緒の同居型だと定期的に訪れるヘルパーさんがプライベートなところを出入するので同居家族にはストレスになることもあります。また、水回りを一緒にした共有型ではトイレや風呂に取り付けた介護器具によって要介護者以外の家族が使いづらかったりする場合があります。

分離型の二世帯住宅では介護サービスで他人が立ち入る範囲が明確になり、建物内で行きできる扉にカギを掛けられるようにすれば、外出しても安心でトラブルも防ぐことができますblush
 

2018年11月19日

二世帯住宅のメリット・デメリット

二世帯住宅は多くのメリットがありますが、デメリットがあることも事前に把握していただき、後悔しない住まいづくりをしていただきたいと思いますsmiley

そこで今回は、二世帯住宅のメリットデメリットについてお話させていただきます。

 

まず、メリットとしては経済的に大きなメリット3つがありますlaugh
 

建築コスト・土地取得費

当たり前のことですが、親世帯、子世帯が別々に2つの家を建てるより、大きくても一つの家を建てた方が建築費を抑えることが出来ます。また、ほとんどのケースが親の土地に二世帯住宅を建てるので、子世帯の土地取得費がかかりません。現在、宮城県内は全体的に宅地に適した売地が不足していて、価格も高止まりしている状況です。土地取得費の有無によって建物にかけられるお金、もしくは月々の住宅ローンの支払いに大きな差が出ます。

ランニングコスト

また、生活してからのランニングコスト(電気・水道料金等)が抑えられることもメリットです。親世帯、子世帯で電気や水道の契約を一つにすれば基本料金が一つで済みます。二つの世帯が別々に独立して生活した場合と二世帯住宅で生活した場合では、完全分離型だとしても、二世帯住宅で生活した方がエネルギーの消費量は少ないと言われています。二世帯で共用するスペース、設備が多くなればなるほどランニングコストは抑えられます。二世帯で月に数千円でも、長い目で見ると効果は大きいと思います。

相続税

税金においても大きなメリットがあります。

201511日から相続税の税率構造が変わり、以前は5000万円+法定相続人の数×1000万円だった基礎控除額が3000万円+法定相続人の数×600万円に引き下げられ、今まで相続税がかからなかった人でも、相続税を支払わなければならない可能性が出てきました。しかし、親が所有する土地に二世帯住宅を建て、親と子が同居し、同居する子どもが土地を相続すると、相続税の評価額を80%も減額することができるようになりました(小規模宅地の特例)。建物内部で行き来のできない完全分離型の住宅であっても同居とみなされ、二世帯住宅の敷地全体で330㎡までが対象面積となります。

 

他にも、二世帯住宅は親との同居になる為、子ども(孫)の面倒を見てもらうことができることは夫婦共働きの方にメリットがあり、子育て環境も孫と触れ合う親にとってもプラスに働くことが多いのではないでしょうか。また、食材もシェアすることができて食費の無駄も省け経済的ですblush

 

次に、二世帯住宅を計画するにあたって考えておかなければならないデメリットですが、価値観ライフスタイルが異なる2つの世帯が同居する為、思わぬところでトラブルが生じる恐れがありますsurprise

 

プライバシーの確保

二世帯住宅は夫婦どちらかが義理の両親もしくは義理の息子・娘と同居する為、生活する上でストレスになることがあります。二世帯住宅では完全に独立したプライバシーを確保しづらいというデメリットがありますので、二世帯のコミュニティーとプライバシーが両立できる間取りが重要になります。生活リズムの違いや来客があった時にも気兼ねなく生活できる空間など、まずは各世帯それぞれが快適に生活できる環境を考え、どの範囲まで二世帯で共用することができるのかを親世帯と子世帯で十分話し合っていただきたいと思います。適度な距離感が二世帯円満の秘訣です。

 

住まいづくりの考え方の違い

新築する二世帯住宅の要望が異なる場合もあります。例えば外観で子世帯は洋風にしたいけど、親世帯は和風にしたい。展示場を見に行っても好みの建築会社が分かれるといったこともあるかもしれません。ご相談でも多いのが親世帯は知り合いの工務店に依頼したいけど、子世帯はデザイン性を重視した建築会社に依頼したいというケースです。その場合、どうしても資金を出す方の意見が強くなりがちで、一方が我慢しながら家づくりを進め、せっかく家を建てたのに満足のいく家にならなかったなんてことにもなりかねません。二世帯住宅を計画する上でも建築会社選びはとても重要で、二世帯が納得できる建築会社を選ぶには、知り合いの工務店も含め、複数の建築会社を比較・検討することが大切です。比較することで二世帯が納得できる建築会社がきっと見つかるはずです。

 

相続時のトラブル

忘れてはいけないのが相続時のトラブルです。同居する子どもが二世帯住宅の敷地(土地)を相続すると相続税で大きなメリットがあるということは、必然的に同居する子どもを相続人になることが決定したようなものです。しかし、同居する子どもに兄弟姉妹がいる場合には、その兄弟姉妹にも法定相続人としての持分を相続する権利があります。二世帯住宅を計画する時点で相続時にトラブルを招かぬよう考えておく必要があります。

2018年11月12日

注文住宅で建てる二世帯住宅とは

昔は3世代同居が一般的で、大家族が一つ屋根の下で暮らしており、当時は今のような二世帯住宅という概念は無かったのではないかと思いますsurprise
 

近年は核家族化が進み、親子間にも「スープの冷めない距離」という言葉があるように、世代による考え方や生活スタイルの違い、気遣いなどでお互いにストレスを感じながら生活することは避けたいもので、適度の距離感を求める時代となりましたsmiley

 
 

二世帯住宅というと全ての空間や設備を各世帯それぞれに備えた完全分離型の二世帯住宅をイメージされる方もおりますが、実際には土地の大きさやご予算の範囲内で計画すると、親世帯と子世帯がどこまでの空間と設備を共用するのかが重要なポイントになりますsmiley

その為、二世帯が一つの建物に一緒に暮らしていく上で、玄関やキッチン、風呂などの水回りが一つだとしても生活することは可能ですが、親世帯と子世帯のコミュニケーションプライバーシ―バランスを考慮し、パブリックスペース(共用空間)パーソナルスペース(私的空間)を間取りによって分ける必要性が生じました。

 

二世帯住宅には多くのメリットがありますが、造り方しだいでは後悔につながる場合もあります。二世帯がお互い快適に過ごすことが出来るお住まいになるか否かは間取りが大きな役割を果たします。つまりデメリット間取りでカバーできることが多いのです!!

 

また、新築後、時が経つにつれ、親世帯も子世帯も家族構成が変化し、生活スタイルも変わっていきます。将来的には親が去り、子どもも独立して家を出るとなると、二世帯住宅に夫婦二人暮らしすることも想定できます。親の老後から自分たち老後もイメージして、必要な家の大きさや設備を考え、間取りの打合せには親子でしっかり時間をかけて行っていただきたいと思います。

 

これまで、すまいポート21仙台泉では多くの二世帯住宅(三世代同居)をご計画の方に「設計コンペ」をご利用いただきました。二世帯というと判断するご家族の人数が多い分、一度に複数のプラン、見積り見ることができることや、建築会社が比較しやすい仕組みになっている為、大変ご満足いただけたと思っておりますlaugh

 

現在も1組の方が二世帯住宅の設計コンペ開催中です。現在は別々に住んでいる親世帯、子世帯がご実家の建替えで二世帯住宅をご計画しております。敷地がそれほど広くはないので、限られた敷地内で二世帯のご要望を叶えられる建築会社のプラン力が競われる設計コンペになりそうです!!

2018年11月02日

家を持ち上げる氷の力!!

11月に入り、朝晩はめっきり肌寒くなってきました。宮城県はもうすぐ初雪の季節を迎えそうですlaugh

冬の寒さにまつわることで、住まいづくりにおいて知っておいていただきたいのが「凍結深度」。凍結深度とは冬の寒さによって地盤が凍る深さのことを言います。

冬場でも地中の温度は外気温より暖かいので、氷点下を下回ることはあまりありませんが、年に数回、外気温が-10℃以下になることもあるので、地面はもちろん、地盤も凍ってしまいます。

宮城県にお住いの方であれば一度は「霜柱」をご覧になったことがあると思います。霜柱を足で踏むとザクザクしていて、地面が氷で持ち上げられているのがわかります。

もし、その霜柱のような状況が家の下の地盤で起こったらどうなるでしょうか?

地中の水分が凍って膨張し、家を持ち上げてしまうのですsad

そして、日中、暖かくなると氷が解けてまた元の位置に戻ります。

そんな浮き沈みを何度も繰り返しているうちに建物が傾いたり、水平がとれなくなってしまう恐れがあるのですcrying

それでは、地盤が凍っても、大切なマイホームを持ち上げられないようにするにはどのような対策をしたらよいのでしょうか?

外気温が低くなればなるほど、地中が凍る深さが深くなりますが、凍らない深さまで基礎を掘り下げて造ることで防ぐことができます。

その目安になるのが凍結深度というわけです。凍結深度は地域によって深さが異なり、北海道では凍結深度100㎝という地域もありますsurprise新築時、基礎にかかるコストが大きくなります!!

北海道や東北、北陸では各自治体で凍結深度を定めており、長年、寒冷地で住宅を新築してきた建築会社さんであれば当たり前に知っていることですので、気になった方は是非、聞いてみて下さいね

2018年10月20日

2020年 住宅の省エネ基準が義務化!?

住宅の質を決める基準として「耐震性」「耐久性」「省エネ」の3つの要素があります。

これらは長い歴史の中で、基準が見直され、日本の住宅の質は向上していますwink

 

地震大国と呼ばれる日本は1978年に発生した宮城県沖地震をきっかけとして、これまでの耐震基準が見直され、国民の生命と財産を守る上で大地震でも倒壊しない新しい基準が設けられ、19816に建築基準法を改正し、新耐震基準義務化されましたsad

 

省エネ基準も時代背景とともに、その都度合った基準に何度か見直されてきましたが、その基準はあくまで努力目標であって、これまで法律に基いた義務ではありませんでした

つまり、断熱材が全く入っていない建物を建てても違法ではなかったのですsurprise

 

それが地球規模で問題となっている温暖化に影響を及ぼす温室効果ガス(CO2)の削減やエネルギー資源のほとんどを外国からの輸入に頼っている日本のエネルギー問題を背景として、あらゆる面で省エネルギー化は急務となり、住宅においても一般家庭から出る二酸化炭素の排出量を抑制することを目的として、従来よりも高い省エネ性能が求められ、2020年には省エネ基準に適合した住宅の建築が義務化されます!!

 

2020年から義務化される省エネ基準とは「平成25年度省エネ基準」で「外皮の断熱性能:UA値」と「一次エネルギー消費量」で基準が設けられています。

 

そこで知っておいていただきたいのが、2020年以前に建てられた住宅は省エネ基準を満たしていなくても特に問題ありませんが、その建物が2020年以降になると建築基準法に適合しない建物になってしまうのです。

省エネ基準が義務化され、当たり前の性能となった時、基準を満たしていない建物は不動産としても評価が下がる恐れがありますcrying

 

2020年まであと1年程。省エネ基準がもうすぐ義務化されることも理解した上で住まいづくりを行っていただきたいと思いますwink

2018年10月15日

これからの時代に求められる住宅「ZEH」とは?

注文住宅の新築でご相談にいらっしゃる方の多くが、建物の断熱性・気密性に関心を持っていらっしゃいます。それらを左右する建物の構造=性能は見えにくいものですが、ハウスメーカーのモデルハウスを見学し、説明を受けた方は興味を抱いて、ご自分で調べ、勉強している方もいらっしゃいます。
特に冬場になるとお客様は寒さ身に染みて感じていらっしゃるからなのか住まいづくりにおいても重視されるポイントになっているようでした説明: laugh
 
そんな中でよく耳にするのが…ZEH基準(性能)の住宅

ZEH(ゼッチ:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは
外気温に建物内の温度が影響されにくい断熱性能が高い建物で、冷暖房や給湯などで使用する設備を省エネ効率の高いものにしてエネルギーの消費を抑えつつ、太陽光発電などによりエネルギーを自ら創る住宅です。
 
建物の高断熱化、設備の高効率化による「省エネ」と、エネルギーを創るシステム導入による「創エネ」を組み合せることにより、年間の冷暖房、給湯、換気、照明(一次エネルギー)に必要なエネルギーの消費量が正味(ネット)でゼロ以下になる住まいです。
省エネにより抑えた一次エネルギー消費量』  『自ら創り出す創エネルギー量
 
建物の断熱性能を示す指標として、平成25年省エネ基準ではUA値という数値を使って表します。UA値とは外皮平均熱貫流率のことで建物内外温度差を1度としたときに、建物内部から外界へ逃げる単位時間あたりの熱量(換気による熱損失を除く)を、外皮等面積の合計で除した値です。(外皮とは床、外壁、天井、屋根、窓など建物を包み込むすべての部分
数値が小さければ小さいほど断熱性の高い建物となります説明: smiley

同省エネ基準は日本全国の気候に応じて1~8区域区分を定め、基準値を設定しています。ちなみに仙台(宮城)4区域でUA値の基準は0.75となっております。(※栗原市は3区域:0.56)
 
ZEHはそれ以上の高い断熱性能が求められます!!説明: surprise

ZEH基準では仙台(宮城)の4地域でUA値0.60以下(栗原市3区域:0.50)となっています。
 
ZEHが注目される背景には、国際的に問題となっている地球温暖化の原因とされる温室効果ガス(CO2)の削減や日本がエネルギー資源のほとんどを海外からの輸入に頼っている状況にあり、国は「エネルギー基本計画」において、『2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す』としています。
 
10数年後にはZEHの基準が住宅の当たり前になるということになります説明: laugh

これからの注文住宅で家を新築する際には、建物の断熱性能を高めたり、省エネ・創エネ設備を導入したりすることで新築時のイニシャルコストはかかりますが、エネルギー消費を抑え、創り出すことによって住んでからのランニングコストはかからない住まいになっていくようです説明: wink
 

2018年10月01日

リフォーム工事期間中の仮住まいはどうするか?

リフォームするお住まいで、リフォームしながら生活することが困難な場合には仮住まい考えなくてはなりませんsurprise

リフォーム期間によって相応しい仮住まいの選び方があり、選んだ仮住まいによって費用にも違いがありますので確認する必要があります。引越しを2することになるので労力も費用も思っている以上にかかる場合があります。

 

小規模なリフォームで工期が数日であれば、リフォームを行う場所に置いてある家財等を別の場所に移動させ、生活しながらリフォーム工事を行うことができるので、ほとんどの場合、仮住まいを必要としません。また、キッチンや風呂、トイレといった水回り限定でリフォームする場合も基本的には完成している設備の交換・設置なので一時的に使用できませんが、仮住まいを用意するまででもありません。

但し、家に居ながらリフォームを行うので、工事で生じる臭い気になったり、リフォーム工事をする方が居ることにストレスを感じたりするようです。

 

仮住まいが必要と考えられるのは、工事期間が1週間以上かかる場合や生活に支障をきたす場合(物理的、精神的)です。特に小さなお子さんや高齢の方が居る場合には安心・安全に配慮しなければなりませんblush

 

仮住まいを選ぶ時、借りる期間に応じていくつか選択肢があります。

ホテル1週間未満

ウィークリーマンション1週間以上~

マンスリーマンション1ヵ月以上~

賃貸住宅半年以上~
※期間はあくまで目安です

 

期間が短い仮住まいほど1日あたりの費用が高くなる傾向にあります。

賃貸住宅は1日あたりの費用は安いですが、賃貸借契約が必要で、敷金や仲介手数料等の諸費用が発生します。また、短期間では貸してもらえなかったり、短期で借りることを言わずに契約すると、短期解約違約金を請求される場合もありますので事前に確認する必要があります。期間以外でも家族の人数荷物の量によっても仮住まいの選び方が変わります。仮住まいの場所、部屋数、予算と条件に合った仮住まい探すことは意外と大変かもしれません。

 

大規模なリフォームを得意とするリフォーム会社さんは仮住まいを必要とするお客様も多く、不動産業者とお付き合いのある場合もあるので、仮住まいも探してくれる会社もありまから相談してみてください。お客様の仮住まいにも親身になって対応していただけることもリフォーム会社選びのポイントになると思いますsmiley

すまいポート21仙台泉

1 ~ 10件 / 全210件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

NEW ENTRY

ARCHIVE


お取り扱いサービス すまいポート21仙台泉

設計コンペ

設計コンペ

あなたの「要望」と「予算」に合わせ、複数の建築会社が「プラン」と「見積り」を作成し、プレゼンテーション。
あなたにピッタリの建築会社選びに最適です。

リフォームコンペ

リフォームコンペ

リフォーム会社選びもコンペで。
複数社を比較できる、選べる!
すまいポート21ならではのリフォームのカタチです。

外構コンペ

外構コンペ

あなたの「要望」と「予算」に対して複数社の外構会社が「プラン」と「見積り」を提案。外構会社選びに最適なシステムです。

すまぽ不動産

すまぽ不動産

店舗とその周辺エリアの土地、中古住宅、建売住宅等の不動産を買いたい・探したい方はこちらへ。

インテリアコーディネート

インテリアコーディネート

あなたの住まいづくりをさらに上質なものへとお手伝いいたします。
設計コンペインテリアコーディネートコース、インテリアコーディネートサービスの2つのコースをご用意しています。

専門家相談

専門家相談

資金のことはファイナンシャルプランナー、土地・不動産のことは宅地建物取引士、建築のことは建築士。すまいポート21には、住まいづくりの各分野の専門家がいます。お気軽にご相談ください。

スタッフとのお手軽面談

スタッフとのお手軽面談

住まいづくりについてざっくばらんに相談してみたい…という方は、「スタッフとのお気軽面談」(無料)をお申し付けください。

コンシェルジュサービス

コンシェルジュサービス

すまいポート21がお客様に代わって建築会社の情報収集や見学会予約の代行をさせて頂くサービスです。
事前にご要望をお伺いしますので、あなたにピッタリの情報を手に入れられます。