設計コンペ実例集(建築事例集)新築・建て替え

設計コンペ実例集(間取り・プラン提案事例)

カフェ風のおしゃれなフレンチハウス

コーディネート
すまいポート21小山
設計・施工
サラサホーム筑西
家族構成
ご夫妻+お子様
敷地面積
232.00m2 (70.18坪)
延床面積
143.67m2 (43.46坪)
タイプ
新築
設計コンペ開催日
2014.06.14
竣工日
2015.07.10
掲載日
2016年04月27日

外観

屋根は3色混ぜ葺きのS瓦、壁は白の塗り壁。太陽光を浴びると南仏の趣が増す

玄関

外壁の一部と玄関扉の上部をアール状にしたことで、異国情緒たっぷりのモダンな玄関まわりになった

玄関内

玄関を入ると、曲線を描いた上がり框(かまち)が目に飛び込んでくる。左側の木戸の奥はシューズクローク

1階廊下

1階の廊下。グリーンのリビングドアに注目。施主支給のステンドグラスをはめ込んだ

階段・2階ホール

設計の自由度の高さが、毎日の暮らしを楽しくする

リビング&ダイニング

パインの無垢材を3色に塗装し、ランダムに張り分けたリビング&ダイニング。シャンデリアなど施主こだわりの照明器具が空間に映える

和室

LDKと隣り合う6帖の和室。市松模様の琉球畳がリビング&ダイニングのインテリアとマッチする

家事スペースと洗面室

写真右側がミニデスク付の家事スペース、左側が洗面室。オリジナルタイルでしつらえた洗面台の図柄は奥様のデザイン

「コ」の字型のキッチン

「コ」の字型のキッチン。作業スペースも十分確保。使い勝手は申し分ない

動線

キッチンの先は、家事スペース→洗面室→脱衣室→浴室まで一直線

2階トイレ

2階トイレの手洗いカウンター。1階の洗面室と同様に奥様のデザインをもとにしつらえた

子ども部屋

中央で2部屋に間仕切れるよう設計した子ども部屋。ビビッドな色合いのアクセントクロスがポイント

1階トイレ

1階トイレの手洗い場。ビンテージ感溢れる水栓と白壁が共鳴し、カフェ風の空間になった

カフェ風のおしゃれなフレンチハウス

Story

使いやすい&かわいい! コの字型の白いキッチン



H様邸は結城市の中心部から車でほんの数分、近年宅地開発が進み、新しい家々が建ち並ぶ住宅街に位置しています。地元・茨城県出身のご主人の職場はお隣の栃木県小山市。以前は小山市内のアパートに住んでいましたが、長女の幼稚園入園と次女の誕生もあり、勤務先にも近いここ結城市に念願のマイホームを建てることにしました。



「設計コンペ」を利用したのは、『とちぎの住まいづくり』の読者だったことから。「家づくりに関して何から始めてよいのかわかりませんでした」というご夫婦にとって小誌は、建築会社選びや住まいのトレンドを知るにはうってつけで、利用価値の高い情報ツールになったそうです。「設計コンペはもちろん、土地探しまで相談できたのはとても便利でした」とご主人。実際の設計コンペではハウスメーカーや工務店を含め数社で検討。最終的に設計力とデザイン性、そして自由度の高さに惹かれて地元の工務店を選んだそうです。そんなH様ご夫妻の家づくりのテーマは「フレンチ&カフェ」でした。塗り壁や無垢材など自然素材へのこだわりも特徴の一つで、奥様が収集した照明器具や小物類と響き合い、独自の空間を創り出しています。こだわりの数々はLDKと水まわりに表現されています。特に目を引くのはリビング&ダイニングの床材で、パインの無垢材を3色に塗装してランダムに張り分けています。一見するとお洒落なカフェやサロンのよう。ビンテージ感漂う空間はH様邸〝らしさ〟を醸し出しています。デザイン性のみならず機能性も考慮され、奥様こだわりのキッチンは使い勝手を優先した「コ」の字型です。作業スペースもゆったり確保しました。「女の子2人なので、成長とともに料理に興味を持ち、やがてお手伝いしてくれると思います。そんなときに3人でキッチンに立っても窮屈にならないよう、幅を広くしました」と奥様は話します。キッチンを支点にした家事動線も十分考慮されていて、家事スペース→洗面室→脱衣室→浴室まで一直線。その間にパントリー(食品庫)や収納が配されるなど、作業効率と空間利用を念頭に置いた間取りが特徴的です。 空間デザインと暮らしやすさを両立させた住まいが完成しました。



とちぎの住まいづくり Vol.30掲載




設計コンペとは

1. ご相談内容

資金相談 土地相談 建築相談
スタッフとのお手軽面談

2. ご予約希望日

3. ご予約店舗

4. 確認

※予約なしでのご来店も受け付けておりますが、その場合は専門家とのご面談はお受けいただくことができない場合があります。

このページのトップへ/すまいポート21小山