すまこ日記/すまいポート21郡山のスタッフブログ

2019年05月21日

二世帯住宅 ~資金編~

皆様こんにちは
すまいポート21郡山 大髙でございます。

最近「二世帯住宅」をご希望されるお客様が増えております。
二世帯となると、お父さん・お母さん・息子夫婦(娘夫婦)など
住む人が多いので「誰がお金を出すか・・」などの問題が出て来そうですね。

単世帯のみの住宅であれば、建築主1人の住宅ローンで十分賄えるかもしれませんが
二世帯の住宅となると、部屋数が増える上に水回り設備・玄関も2つ、、など
単世帯を建築することと比べると、どうしても割高になります。


そのような場合の資金繰りとして、以下の方法があります。

①親子でペアローンを組む
ペアローンとは、親と子がそれぞれの住宅ローンを契約し、返済していくパターンです。
住宅ローンの契約は収入合算が1本であるのに対し、
ペアローンは親と子がそれぞれに契約するため計2本になります。
収入要件や年齢要件等から子や親が単独で契約する住宅ローンだけでは
希望の借入額に満たない場合に効果的です。


②親子リレー返済を利用する
「高額所得者であっても高齢だと借りにくい/貯金が多くても年金収入のみだと借入が厳しい」
そのような人に対応するものが「親子リレー返済」です。
こちらは、一定の要件にあてはまる人を後継者に付けることで、
満70歳以上でもフラット35の申込みが可能になります。
※要件は様々ございますので、詳細は最寄りのフラット35取り扱い機関へお問合せください
この場合は後継者の年齢が基準となるため、本人を基準とした場合と比べて
返済期間が長くなり、結果として毎月の返済による家計負担が楽になります。

③親が資金援助(現金)をする
「住宅取得資金等の贈与税非課税」の優遇制度が利用できます。
平成31年4月~令和元年3月31日間の契約締結で
省エネ等の住宅であれば3000万円
その他の住宅であれば2500万円 が非課税となります。
※消費税等の税額が10%の場合に限ります
こちらもいくつか要件がありますのでご利用を検討される方は
贈与を行う前に建築会社様や税務署等へご相談された方が宜しいかと思います。

以上簡単ではございますが、
二世帯住宅を建てる際の資金繰りについてお伝えさせて頂きました。

今月のブログでは二世帯住宅について
もう少し掘り下げてお伝えして参ります。

すまいポート21郡山


NEW ENTRY

ARCHIVE


お取り扱いサービス すまいポート21郡山

設計コンペ

設計コンペ

あなたの「要望」と「予算」に合わせ、複数の建築会社が「プラン」と「見積り」を作成し、プレゼンテーション。
あなたにピッタリの建築会社選びに最適です。

リフォームコンペ

リフォームコンペ

リフォーム会社選びもコンペで。
複数社を比較できる、選べる!
すまいポート21ならではのリフォームのカタチです。

外構コンペ

外構コンペ

あなたの「要望」と「予算」に対して複数社の外構会社が「プラン」と「見積り」を提案。外構会社選びに最適なシステムです。

専門家相談

専門家相談

資金のことはファイナンシャルプランナー、土地・不動産のことは宅地建物取引士、建築のことは建築士。すまいポート21には、住まいづくりの各分野の専門家がいます。お気軽にご相談ください。

スタッフとのお手軽面談

スタッフとのお手軽面談

住まいづくりについてざっくばらんに相談してみたい…という方は、「スタッフとのお気軽面談」(無料)をお申し付けください。

コンシェルジュサービス

コンシェルジュサービス

すまいポート21がお客様に代わって建築会社の情報収集や見学会予約の代行をさせて頂くサービスです。
事前にご要望をお伺いしますので、あなたにピッタリの情報を手に入れられます。