無駄なくコンパクトながら開放感のある家

ホーム  >  すまいポート21施工事例一覧  > 

無駄なくコンパクトながら開放感のある家

新築施工事例

無駄なくコンパクトながら開放感のある家

コーディネート すまいポート21水戸
設計・施工 デザイン工房 HOUSE BOX
家族構成 ご夫婦
敷地面積 216.07㎡(65.36坪)
延床面積 109.90㎡(33.24坪)
区分 新築
こだわり
設計コンペ開催日 2015年12月27日
竣工日 2016年11月19日
掲載日 2023年05月02日

STORY

ご夫婦と建築会社の互いの感性が響き合う洗練された家

「一番こだわったのは外観。色は黒っぽくて、あまり見かけないような変わったデザインにしたかったんです」。 
設計コンペで提案され、心を奪われたという外観は、見る方向によって表情が異なる個性的なつくりをしています。中心は白、その両サイドは黒でカラーリングし、スタイリッシュさを演出。ウッドデッキや、LDKの目隠しのために設置されたルーバーも洗練された印象を生み出しています。

本来は平屋が希望でしたが、隣の空き地に家が建つことを想定し、光を取り入れるために2階建てに変更しました。しかし、家族や友人が泊まりに来たときの客間としても活用できる和室や、ご夫婦の寝室も1階に配置し、2階を使わなくても生活ができる間取りにしています。
リビング上部は吹き抜けとなっていて、大きなFIX窓から柔らかな光が降り注ぐ開放的な空間です。LDKは間仕切り壁や建具をあまり設けず、オープンなスペースに仕上げられています。
リビングからつながるウッドデッキは、ルーバーで囲われているので外からの視線を気にせず、アウトドアリビングとしても使えます。また洗濯物を干しても外から見えないため、外観のイメージが変わることはありません。しかも洗濯機がある脱衣所との距離も近く、生活動線がコンパクトなこともポイントです。さらにパティオのような役割も持ち、LDKだけでなく隣接する寝室や和室にも光と風を届ける、機能美を持つスペースです。
元々使用していた家具のサイズに合わせて、壁のサイズや棚を設置。階段下のデッドスペースも奥様のドレッサーコーナーや、寝室の家具スペースに活かしました。玄関や和室は斜めに配して、間口を広く取り、奥行きをもたらしています。ロフト風の2階ホールには、造作のカウンターや本棚、納戸もあり、セカンドリビングとしても活用でき、ご夫婦共有の自由な空間となっています。その他、要望していたバイクを収納するビルトインガレージや、奥様のセンスが光るアクセントクロスも多用し、理想の住まいが完成しました。

「打ち合わせは、いつも和気あいあいでした。相性の良い建築会社さんと一緒に、住みやすい家を建てられて、本当に良かったです。楽しい住まいづくりができて大満足です」。

いばらきの住まいづくりVol.11掲載 ひたちなか市 N様邸

この事例が気に入った方は
お問合せください

お問合せはこちらへ

お問合せ

すまいポート21への各種お問合せにご利用ください。
(*印は必須入力です)

以下の入力内容でお間違い無いでしょうか?
お間違いの無い場合は「送信する」をクリックしてください。

*店舗名
*ご質問
*E-Mail
*E-Mail(確認用)
*お名前
郵便番号
ご住所

個人情報保護方針に同意の上お進みください

すまいポート21は
日本全国10店舗440社から
施工会社選びをお手伝いします。