設計コンペ実例集(建築事例集)新築・建て替え

設計コンペ実例集(間取り・プラン提案事例)

明るく開放的な住空間。生活のシーンを分けた間取りの設計

コーディネート
すまいポート21宇都宮
設計・施工
有限会社 川中子住建
家族構成
ご夫婦+お子様
敷地面積
266.32m2 (80.56坪)
延床面積
163.54m2 (49.47坪)
タイプ
建替え
設計コンペ開催日
2014.09.23
竣工日
2015.12.03
掲載日
2017年11月08日

外観

白を基調としたシンプルで飽きのこないデザイン

大谷石

玄関の壁の一部に大谷石を貼った

玄関

玄関入口にスリット窓を設置

LDK

〝回遊〟できる空間設計。使い勝手を考慮した家事動線

リビング&ダイニング

南側に面したリビング&ダイニング。日中は外光が差し込み隅々まで明るい

畳ルーム

4.5帖の畳ルーム。引き戸を開け放つとリビングの空間と一体化する

シャワールーム

浴室に隣り合うシャワールームは、仕事で帰宅の遅いご主人の要望でしつらえた

洗面

洗面ボウルは2つ。子どもたちの成長とともに朝の身支度が効率的にできるよう設置した

子ども部屋

2階の子ども部屋。日当たり、風通しとも良好で環境も静か

家事コーナー

キッチンの一角にある造り付けの家事コーナー。アクセントクロスによって洒落た空間に仕上がった

ベランダ

家屋の端から端まで伸びるベランダは通路幅もワイド。家族4人分の布団が一度に効率よく干せる

小屋裏収納

勾配天井を生かした小屋裏収納。子どもたちにとってはまさに「秘密基地」で、格好の遊び場になっている

シューズクローク

玄関と隣り合う大容量のシューズクローク。土間収納も兼ねている

明るく開放的な住空間。生活のシーンを分けた間取りの設計

Story

新しい家々が建ち並ぶ新興住宅地。およそ80坪の敷地は南西側が道路に面しているため日当たりは良好。南面道路は袋小路になっているため周辺環境はことのほか静かです。

エリア、広さ、環境とも希望通りの土地を手に入れたH様夫妻は、ここにゆったりと開放的な住まいを建てることにしました。間取りの設計で重視したのは、家族が過ごす時間が最も長いLDKです。明るくて開放的な住空間を念頭に全室を南向きに配しました。ポイントはダイニングとキッチン、リビングを分けたこと。2つの空間を引き戸で間仕切り、必要に応じて広く使ったり、引き戸を閉めて個別に使えるようにしました。その理由についてご主人はこう話します。 「以前、賃貸アパートに住んでいたときはLDKが一体的な空間でした。ひと続きなので機能的な面もありましたが、新居を建てるにあたっては、例えば『食事をする場』『くつろぐ場』など生活のシーンを分けた間取りにしたいと思っていました」

引き戸を開け放つとLDKは計18帖で十分開放的ですが、リビングに隣り合う約4.5帖の畳ルームによってさらに広く感じられます。客間としてしつらえましたが、普段は子どもたちの遊び場やお昼寝スペースとして、また、いつでもゴロンと横になれるくつろぎの場として機能します。この畳ルームとリビングの間にも引き戸を設置。生活のシーンに合わせてフレキシブルに使える空間になりました。

もう一つのポイントは、奥様たっての希望でしつらえたキッチンです。最近はアイランド型やペニンシュラ(半島)型と呼ばれる対面式が主流ですが、H様邸ではあえて壁付型とし、システムキッチンとは別に独立した作業台を設けました。 作業台を中心に右からでも左からでも、文字通り〝回遊〟できる設計が奥様のこだわり。家事動線は申し分ありません。「いずれは子どもたちと一緒に、作業台を囲んで料理づくりを楽しみたいと思っています」と奥様。

機能性だけでなく子どもたちの成長を念頭に置いた設計が、住空間の随所に生かされています。



とちぎの住まいづくり Vol.31 掲載




設計コンペとは

1. ご相談内容

資金相談 土地相談 建築相談
スタッフとのお手軽面談

2. ご予約希望日

3. ご予約店舗

4. 確認

※予約なしでのご来店も受け付けておりますが、その場合は専門家とのご面談はお受けいただくことができない場合があります。

このページのトップへ/すまいポート21宇都宮