設計コンペ実例集(建築事例集)新築・建て替え

設計コンペ実例集(間取り・プラン提案事例)

カフェか美容室のようなスタイリシュな外観の家

コーディネート
すまいポート21宇都宮
設計・施工
株式会社 マスケン
家族構成
ご夫妻+お子様
敷地面積
171.82m2 (51.97坪)
延床面積
103.09m2 (31.18坪)
タイプ
新築
竣工日
2012.05.28
掲載日
2011年11月12日

外観

建物を北側から。 片流れの屋根、白とダークグレーの外壁がひときわ目立つ

LD

家族みんなが集うLDKは、日々の暮らしの中心

その他

玄関前の駐車スペース。 天井部分は2階バルコニーにあたる

玄関

玄関を入ってすぐ右側はシュークロークの扉。 左奧の扉はLDKへ

玄関

玄関とシュークロークは、中央の壁と扉で仕切られている。室内からもアクセスできて便利

LD

リビングに置かれたピアノは保育士の奥様の仕事に欠かせない。床下補強し、専用スペースを確保した。写真右端は6畳の和室

キッチン

LDKのほぼ中央に配されたキッチン。家事動線は申し分ない。スペースを有効活用した造り付けの本棚は、使い勝手もすこぶるよい

階段

階段前は半透明の引き戸を採用。光を通し、圧迫感がない。右側の棚は、まめに使う小物の収納に便利

階段

暗くなりがちな階段室はこんなにも明るい。窓の外はバルコニー。カーペットはご主人自らカットした

その他

階段を上がりきった踊り場。2階には主寝室と子ども部屋がある。ここにも造り付けの本棚を設置した

その他

建物東側のバルコニー。高い壁に囲まれ、周囲の視線はまったく気にならない

トイレ

各階に設置したトイレは必要十分の広さ。入口は引き戸式なので出入りも楽

その他

玄関入口の飾り棚に仲睦まじい猫のオブジェを配置。遊び心いっぱいのスペース

カフェか美容室のようなスタイリシュな外観の家

Story

動線や収納を考慮した暮らしやすい間取り


交通量の多い幹線道路から奥まった郊外の住宅地。完成したK様邸は片流れの屋根とツートンカラーの外観がひときわ目立つ佇まい。「建物の外観は、スタイリッシュな雰囲気にしたかった」というご主人の希望が反映され、そのデザイン・テイストはカフェやお洒落な美容室のようです。そう感じるのは、建物の東側と北側に計4台分ものゆったりとした駐車スペースが確保されているから。およそ52坪の敷地に、これほど余裕を持って駐車スペースを確保した理由について、奥様はこう話します。「互いの両親がいつでも気軽に、同時に集まれるようにしたいと思っていました」

なるほど。一般住宅であれば2台分の駐車スペースが確保されていれば良しとされますが、来客時などに不便を感じるのも事実。ご夫妻はこうしたストレスを回避し、同時に「人が集う家」を実現するためにあえて建築面積を削り、駐車スペースに充てました。車が不可欠な市民生活において、家づくりの新たな視点といえるかもしれません。

「中へどうぞ」との声に室内へ。外観のスタイリッシュな雰囲気とは一変して、木の温もりを感じる、ほんわかと和やかな雰囲気が漂っていました。ご主人はこう話します。「建物の外観はかっこよさを求めましたが、生活の場となる室内は暮らしやすさを重視しました。そのため吹き抜け天井等、流行りのデザインや住宅設備はあえて選びませんでした」

キッチンをのぞくと、今どきのIHクッキングヒーターではなく、ビルトイン型のガスコンロでした。その理由は、料理が趣味のご主人にとって「炎の火力が捨てがたかったから」だそうです。また、こだわりはこんなところにも。最近、フローリングのリビングの延長として注目されている「畳スペース」ですが、K様邸では独立した和室がほしいとのことから、LDKの隣に6畳間を確保。琉球畳を敷いた日本間は、温かみのある雰囲気を醸し出していました。聞けば、家づくりのイメージは、外観はご主人が担当し、内観は主に奥様が担当したとか。広すぎず、狭すぎず、必要十分の建坪を確保したK様邸は、日々の暮らしに重点をおいた「背伸びしない家」といえるかもしれません。


設計コンペとは

1. ご相談内容

資金相談 土地相談 建築相談
スタッフとのお手軽面談

2. ご予約希望日

3. ご予約店舗

4. 確認

※予約なしでのご来店も受け付けておりますが、その場合は専門家とのご面談はお受けいただくことができない場合があります。

このページのトップへ/すまいポート21宇都宮本店