設計コンペ実例集(建築事例集)新築・建て替え

設計コンペ実例集(間取り・プラン提案事例)

高低差の使い分けで、居住空間に広がりを

コーディネート
すまいポート21宇都宮
設計・施工
住みか工房 株式会社
家族構成
ご夫妻+お子様
敷地面積
142.06m2 (42.97坪)
延床面積
101.73m2 (30.71坪)
タイプ
新築
設計コンペ開催日
2015.04.19
竣工日
2016.04.08
掲載日
2018年05月31日

外観

外観は昔ながらの街並みに溶け込むよう、和のイメージでまとめた

リビング&ダイニング

ダイニングからリビングを見る。空間の主役は閉めたときに1枚の障子に見えるようデザインされた吉村障子。 建築家 吉村順三(1908-1997)が提案し、以後、多くの名作住宅で採用されてきた

玄関

ベージュ系の外壁(塗り壁)にダークブラウンの玄関扉が映える

縁側

リビング&ダイニングの窓の外に縁側を配した。天井ギリギリまで開口部になっている様子がよくわかる

玄関内

玄関を入ったところに土間収納を設けた

リビング&ダイニング

自然光が降り注ぐ、吹き抜けのリビング&ダイニング

畳コーナー

約3帖の畳コーナー。客間や書斎、子どものお昼寝スペースなどフレキシブルに使える

子ども部屋

将来、中央から間仕切れるよう設計した子ども部屋

LDK

小上がりの畳コーナーからLDKを見る。キッチンはどこからでもアクセスできるよう中央に配した

キッチン

都市ガスの供給エリアでもあることからコンロはガス式を選んだ

主寝室

2階の主寝室は畳敷き。バルコニーにも近く、布団干しも手軽にできる

吹き抜け

2階から吹き抜けのリビングを見下ろす。縦長の空間によってリビングがより広く感じられる

バルコニー

無垢の床材を敷き詰めたバルコニー。屋根付きのウッドデッキといった趣

高低差の使い分けで、居住空間に広がりを

Story
昔ながらの街並みが残る宇都宮市の中心市街地。ご主人の勤務先から半径3~4キロ圏内を目安に探し当てた土地は43坪余りです。限られた広さですが、周辺に高層建築物はなく、日当たり風通しともに良好です。

「土地探しは自ら探したほか、すまいポート21の『土地探しナビゲーション』を利用しました」とご主人。I様の方が先に希望通りの土地を見つけましたが、その際、すまいポート21を通して土地を管理する不動産会社に連絡。無事契約に至りました。

「土地の売買は初めてで、しかも高額の買い物です。不安もありましたが、契約時にすまいポート21の担当の方が同席してくれたので、安心して判を押すことができました」

利便性の高い住宅地であることから、土地の価格は想定よりもやや高かったとか。早くも予算オーバーになってしまいましたが、ご夫婦は「設計コンペ」を利用することで、この問題をうまく回避しています。

「設計コンペはまず最初に、予算を提示できる点がいいですね。限られた予算内で各社が競い合い、希望に添ったプランを提示してくれます。予算と希望を両立させてくれる施主目線のサービスだと思いました」

かくしてI様の住まいづくりがスタート。こだわりは限られた敷地を有効活用し、広々とした居住空間を確保することでした。

大学で建築を学んだご主人自ら住空間をゾーニングし、その内容は主に1階のLDK部分に生かされています。

一般住宅の天井高は2・4メートルほどですが、I様邸はそれより20センチも低い2・2メートルです。「低い=狭い」と思いがちですが、 床から天井ギリギリまでが開口部となるため、天井が低くても開放感が感じられます。しかも、リビングが吹き抜けになっているので約14帖のLDKは数字以上の広さに。高低差の使い分けが空間に広がりをもたらしました。

また、北側に配された約3帖の畳コーナーも広さの演出にひと役買っています。小上がりなのでさらに天井高は低くなりましたが、天井ギリギリまで伸びた障子(フィックス窓)の効果で閉塞感を感じません。

白い壁と障子越しに入るやわらかな自然光により、居心地のよい空間になりました。



設計コンペとは

1. ご相談内容

資金相談 土地相談 建築相談
スタッフとのお手軽面談

2. ご予約希望日

3. ご予約店舗

4. 確認

※予約なしでのご来店も受け付けておりますが、その場合は専門家とのご面談はお受けいただくことができない場合があります。

このページのトップへ/すまいポート21宇都宮本店