最近、ライフスタイルも何年か前と少しずつ変化してきたようですね!
たとえば、キッチン。これまで建物の隅や北側に配置することも多かった。しかし、最近はアイランド型などシステムキッチンも多様化し、キッチンを住まいの中心部に配置している家庭も多くなってきたようです。
キッチンが料理をつくる場所だけではなく、家族が団らんしたりホームパーティーをしたり、友人と一緒にコミュニケーションを取ったりと色々なスペースとして利用され始めているようですね。
また、キッチンやリビングまたは、寝室脇あたりや部屋の角のちょっとした空きスペースを見つけて(利用して)奥様や子供さん、ご主人の仕事や勉強する空間の確保を望まれる方も多いようです。
玄関脇にシューズクロークを設けて靴やベビーカーや、アウトドア用品を収納するようにしたいと希望する方も多いですね。

また、共働きのご家庭では、室内物干しを希望する方が多いですし、キッチンの食品庫や家事室(ユーティリティ)をできれば創りたいと希望される方も少なくありません。

隣接した立地なら、隣家からの視線を遮る工夫や採光、通風にも配慮。
立地的な観点からですと、狭い敷地のため、隣近所と隣接してしまいプライバシー(特に視線)のため格子や塀、植栽で視線を遮る。また、一般窓ではなく、プライバシー考慮と採光と通風の為に天窓を設ける方もいるようです。(天窓の防水処理が良くなったのもあるでしょう。)

来客時などに重宝する、ちょっとした『和の空間』も見直されてきています。
最近の住宅では、畳の部屋が少なくなったとはいえ、やはり日本人なのでしょうね!リビングの一角やコーナー的に畳の部屋が一部屋欲しい。(ご両親や来客時のお泊まりする部屋を兼ねて)という方が多いのは、私の様な年齢になってみると、なんとなく嬉しい気がします!

安全・クリーンなオール電化住宅に人気集中。
また、住宅の機能面から言うと、オール電化住宅を希望する方が80%を超える勢いです!
以上、ここ最近、すまいポート21へ相談にこられる方の要望の多いと思われる事柄を並べてみました。あなたの家づくりの参考となったでしょうか?この他にも住まいへの希望・要望は、各家庭でいろいろあると思います。妥協できる点とそうでない点をしっかりと家族で話し合い、ご予算に合った中で最良の計画をしたいものですね!