設計コンペ実例集(建築事例集)新築・建て替え

設計コンペ実例集(間取り・プラン提案事例)

緩やかなスロープなど、バリアフリー仕様により家族みんなに優しい家

コーディネート
すまいポート21アミューあつぎ
設計・施工
株式会社ECO HOUSE・NEO
家族構成
ご夫婦+お子様
敷地面積
171.82m2 (51.97坪)
延床面積
114.89m2 (34.75坪)
タイプ
新築
設計コンペ開催日
2015.8.10
竣工日
2016.3.31
掲載日
2016年03月31日

外観

モデルハウスを見学した際一目惚れしたというしっくい仕上げの白を基調とした外観カラー

ガレージ

ガレージはメインシャッターのほか、玄関につながる出入口も設けられている

玄関

玄関を広く確保することで、子ども用バギーもゆとりをもって操作可能に

廊下

廊下幅を1メートルとすることで、子ども用バギーが通れるように配慮

リビング・ダイニング

腰壁をアクセントにしたリビング・ダイニング

リビング

体温調節が苦手なお子さまのために冷暖房効率を優先し、あえて通常サイズのサッシを使用

キッチン

キッチンは奥さまが気に入ったダークブラウンで統一

看護用の水回り

お子さまのベッドの横には看護用の水回りを設置

シューズインクローゼット

玄関のシューズインクローゼット内には子ども用バギー置場を確保

主寝室と子ども部屋

2階は主寝室と子ども部屋のプライベート空間のみで構成

水に強く滑りにくいコルク素材

看護で水を使うことが多いため、LDKとそれにつながる洋室の床は水に強く滑りにくいコルク素材を採用

ガレージ

ガレージはご主人の趣味であると同時に通勤の足であるオートバイ専用

緩やかなスロープなど、バリアフリー仕様により家族みんなに優しい家

Story

子どもの看護を第一に考えた住まい



K様邸が建っているのは周辺に新たに造成された街区が点在しており、これからも新しい家が増えていくことが期待される地域です。ご夫婦とお子さま2人+6歳の愛犬のお住まいです。

住まいづくりでのこだわりは、障害のあるお子様の看護がしやすいこと。十分なアプローチによってスロープの傾斜が緩くできるような玄関の配置。床の段差を抑え、廊下幅は有効1m幅を確保するなど、1階部分はバリアフリー仕様を基本としています。

大きくゆったりとした広さが確保された玄関ホールにはシューズインクローゼットを配置。通常の下足入れとしての利用に加え、バギーを収納するスペースとしても活用しています。

生活のメインスペースになるリビング・ダイニングは、オープンキッチンとの一体感を活かしたゆとりが感じられる空間に。リビング南側の天井は、トップライトから自然光が降り注ぐ勾配天井を採用しました。このリビングの隣には介護ベッドを置くための洋室をレイアウトすることで、奥さまが家事をしている時やご主人がリビングで寛いでいるときでも、いつでも子どもに目が届くように配慮されています。リビング・ダイニングや洋室の床には、水に強く滑りにくいコルク系の床材を採用。色はキッチンに合わせて、落ち着いたダークブラウンを選びました。

看護ベッドを置いている洋室には、家事用のキッチンとは別にステンレス製の流し台を設置。「子どものケアのために、平日は訪問看護のスタッフが訪れるので、どうしてもキッチンとは別に水回りが必要でした。以前の家では水栓からベッドまでの距離があり、とても使いづらい状態でしたが、今回は無駄のない動線で看護もしやすくなりました」と奥様。

お子様のことを第一に考えた施主の希望を取り込みながらも、家族全員が快適に過ごせるように配慮し設計されたK様邸は、家族の温かさと暮らしやすさが存分に感じられる素敵な住まいでした。




設計コンペとは

1. ご相談内容

資金相談 土地相談 建築相談
スタッフとのお手軽面談

2. ご予約希望日

3. ご予約店舗

4. 確認

※予約なしでのご来店も受け付けておりますが、その場合は専門家とのご面談はお受けいただくことができない場合があります。

このページのトップへ/すまいポート21アミューあつぎ