二世帯住宅で注文住宅を建てる際、お悩みのことはありませんか?
「二世帯住宅は問題が多そう」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
そんな方に二世帯住宅のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

経済的

何と言っても二世帯住宅の一番のメリットは金銭面です。
新築を建てる際、一世帯で建てるにはかなり負担が大きいです。しかし二世帯で分けると非常に負担が軽くなります。また、設備を共有することで生活費や光熱費がかなり抑えることができます。

協力

同居することで家事や育児、介護といった様々な面でお互い協力できます。子世代で両親共働きの場合、子供の面倒を任せることができます。
また仕事が忙しくなかなか休めなかったり、子供が熱を出してしまったりした場合や、やむを得ず子供だけで留守番させないといけない場合でも任せることができます。食事の面でもお互いサポートできますし、常に家に誰かいるので防犯の面でもメリットが大きいです。

デメリット

生活リズム

基本的に親世帯と子世帯は生活リズムが違います。
共有スペースが多い場合は、どちらかが寝ているときに気を使わないといけないことがあります。例えば夜中にお腹が空いて何か作りたい時でも、近くに親世帯が寝ているからキッチンが使えないといったデメリットがあります。

プライバシー

共有スペースが多い二世帯住宅では、落ち着ける場所が自分たちの部屋だけになってしまうので、精神的に疲れることがあります。

友人が呼びづらい場合がある

二世帯住宅で玄関を共有している場合、時間帯によって出入りを遠慮しないといけないのでなかなか友人を呼ぶことができません。リビングを共有している場合、孫や母親たちが遊びに来たとき、親世帯はリビングに出にくくなります。

価値観の違い

育ってきた環境が違うので、世帯間の価値観は異なる場合もあります。
価値観の違いによって、料理の味付けや掃除の仕方などの違いがあり、トラブルに発展することがあります。

□最後に
二世帯住宅のメリットとデメリットをご紹介しました。
せっかく一緒に住むのだからトラブルを起こしたくないですよね。一緒に住み始めるとまだまだ問題が発生することがあります。注文住宅を建てる前にこれらのメリットとデメリットをしっかり世帯間で話し合うことがトラブルを避けるには重要です。
「すまいポート21」はお客様の住まいづくりをサポートいたします。
お悩みのことがありましたら、ぜひご相談ください。