カフェ風の外観は、新築の建設をお考えの方にとって、憧れになることも多いのではないでしょうか?新築で建てるにあたって、いくつか知っておくと良いことがあるため紹介します。今回は、新築を考えている方に向けて、カフェ風の外観にするための注意点について解説していきます。

カフェ風外観を作る時に注意しておきたい3つのこと
メンテナンスが必要

外壁メンテナンスの有無は、新築を建てる前に知っておきたいポイントです。外観にこだわりたいとお考えの方は、あまり使われない素材を使用したりすることも多いと思います。例えばトタン壁やレンガ壁など、汚れが目立つことも多い素材を使用する場合はメンテナンスがこまめに必要になります。また、カフェ風の外観は見た目で良くも悪くも大きな印象を与えます。木造住宅で外壁がめくれた状態であっても、カフェ風外観であれば味が出ていると評価されます。しかし、きれいなデザインにしたのに外壁が汚れていると悪い印象をより引き立ててしまいます。

全体のデザイン性が問われる

カフェ風デザインの外壁を建てる時には、外壁の他にも、住宅全体のバランスを考える必要があります。住宅街にカフェ風の家が建っていても、外構工事がしっかりとしていないと不自然な印象を与えてしまいます。外壁の他に、門のデザイン、玄関までのアプローチ、植栽など、これらすべてが調和してこそ印象の良い外観を作ることができるのです。一般的な住宅と比較して、建物の外にも注意しなければならないという点がカフェ風外観の特徴です。また、デザインにこだわりすぎるあまり、費用も高額になることも考えられますので、費用の中で上手にやりくりする能力も必要になるかもしれません。

新築のイメージが重要

外観にはこだわりたいという方も多いことでしょう。注文住宅のカタログ内にはカフェ風外観が記載されていない可能性も大いにあります。そのため、既にあるサンプルを参考にするということが非常に難しいです。多くの情報を取り寄せ、自分なりの理想のデザインをしっかりとイメージする必要があります。また、建築会社との綿密な相談、連携も重要です。自分なりにデザインを考えた後、「このようなデザインは可能ですか?」というように建築会社に相談するようにしましょう。建築会社と自分とのイメージギャップも怖いですから、自分の意見を伝えたあとは、建築会社側にもサンプルデザインを見せてもらうようにすると、より良いのではないでしょうか。

□おわりに
以上、カフェ風外観にするための注意点について解説しましたが、いかがだったでしょうか?ぜひこの記事を参考にしていただき、新築を建てる際にお役立てください。