「注文住宅を検討しているけど、どんな間取りがいいのだろう?」「家庭に合ったおすすめの間取りについて詳しく知りたい!」注文住宅を購入する際によく悩まれるのが間取りです。

せっかく購入するのであれば、満足のいく住まいで快適な生活を送りたいですよね。そこで今回は子供がいる家庭に焦点を当てて、子育てのしやすいおすすめの間取りについて解説します。

小さな子供の場合の間取り

小さな子供の場合、常に家族のそばで過ごせるような間取りにするのがおすすめです。親からしても、子供がなにをしているかを見守ることができるのは安心ですよね。

*リビング・ダイニングを広く使いやすくする

家族みんなが集まるリビング・ダイニングを広く確保するのは、子育てがしやすくおすすめの間取りです。リビング・ダイニングからキッチンへと繋がるような間取りにすると、料理をしている際も子供と会話できたり見守ったりすることができます。また、リビング・ダイニングの一部などを畳敷きにすると、子供のお昼寝や洗濯物をたたむなどの家事をこなせて便利です。

*玄関を広くする

子供がいる場合、ベビーカーや買ってきたものなどで荷物がとても多くなります。玄関が狭いと混雑が起きてしまい、不便に感じることが多くなるでしょう。ベビーカーを広げても余裕があるくらいのスペースを確保することをおすすめします。ベビーカーを卒業した後は、子供の靴や雨具など玄関に置くものが増えるので下駄箱の収納は大きく作っておくといいでしょう。

思春期前後の子供の場合

*成長に合わせた部屋のつくり

注文住宅では、子供の成長に合わせて部屋の仕切りを変えることができます。子供が2人くらいの兄弟の場合、幼いうちは一つの広いスペースを共同で利用し、大きくなってきて各自の部屋が必要となったらそのスペースを本棚などで区切るといった具合です。

また、大学進学などで家を離れた時には、仕切りを取り除くことで他の部屋のスペースを増やすといったこともできます。子供が全員自立したら、仕切りを全て取り除いてより広いスペースを確保することも可能です。

*子供が憧れるロフト

秘密基地にいるような感覚になれるロフトは子供の憧れと言えるでしょう。親からも吹き抜けや廊下から子供を見守ることができるので人気がある間取りです。

まとめ

以上、子供がいる家庭におすすめの間取りについてご紹介しました。今回の記事を参考にして、専門家がしっかりとサポートする住まいづくりを検討してみてはいかがでしょうか?
すまいポート21ではあなたに最適な住まいづくりを提案します。新築やリフォーム、最適すまいの相談などがあればお近くのすまいポート21までお問い合わせください。