そろそろ夏も終わりですね。
ちょうど今頃の時期、家中のレースカーテンを一気に洗濯します。
そして脱水後、そのままカーテンレールにかけてしまうのですが、その少し濡れたカーテン越しに吹いてくる風が、夏の終わりって感じで涼しく心地よいのです。
干す手間も最小限になるので、是非晴れた日の午前中に洗濯してみて下さい。
気持ち良いですよ^^

そして、洗濯ついでに自宅1階のリビングのカーテンの掛け方を変えてみました。
いつもはレースカーテンが外側ですが、内側に掛けただけ。
左↓の写真がいつもの感じ。ドレープがきれいですが、とってもシンプル。右↓はカーテンを内側にかけてみた状態。随分華やかにみえませんか??

カーテン

お気に入りのレースカーテンを使っていても、夜には見えなくなってしまうなんてもったいないですよね。
それに、レースから透けて見えるドレープの色。

カーテンこの感じが華やかさを出しているんでしょうね。

写真は同系色のカーテンを合せたもの。これもいいけど、別な色でもいいですよね。

私の部屋は数年前からレースオンドレープの状態になっています。

夜、カーテンを閉めるときはレースカーテンを避けながら閉めねばならないので、若干面倒ですが、すぐに慣れます。

カーテンがインテリアの中で占める面積って結構大きくて、カーテンを変えただけでガラっと雰囲気を変えることもできます。
また、レースオンドレープに挑戦してみよう!と思いながらカーテンを選ぶと、
「このレースの裏側にはどんな生地が合うかな?」と想像しながら選べて、とても楽しそうです。

カーテン

↑のレースだったら、ドレープは明るいグリーンかブルーがいいかな。
右上のレースだったらピンクかワイン・・・ベージュ系でも上品かなと想像しながら。