「注文住宅を検討しているけど図面の見方は難しいそうでよく分からない。」
「図面の見方の基本的なところから詳しく知りたいな。」
図面の見方って難しそうでよく分からないイメージがありますよね。そこで今回は、注文住宅を購入する方必見の図面の見方について解説します。

配置図

配置図は敷地の真上から見た図で、敷地に建物がどのように配置されるかを表しています。この図面から、門・建物・車庫・庭の配置や、道路や隣の敷地との境界線を読み取れます。

*確認するポイント
建物・庭・車庫などの広さの確認は必須の作業です。しかし、図面上だけでは不十分な点があるので、実際に建設地でも確認することをおすすめします。道路から車庫・門・玄関への移動をスムーズに行えるかの確認も必要です。また、建物と隣の敷地・道路との間隔から、日当たり・騒音・視線などを確認できるのでしっかりと押さえておきましょう。

立面図

建物を建物周辺から見た図で、東西南北の4方向から見た図面です。建物の外観を確認することができるので、完成図をイメージしやすい図となっています。

*確認するポイント
家の第一印象とも言える玄関周りのデザインの確認は必須と言えるでしょう。建物の高さ・バランスの確認も必要です。また、窓は日当たり・風通し・隣からの視線にあった配置となっているかもしっかりと確認しておきましょう。

平面図

平面図は建物の各階を水平に区切って真上から見た図です。部屋の配置や広さ・壁・窓・収納の位置を読み取ることができます。

*確認するポイント
広さの確認は図面の周囲に記載されている数値から行えます。部屋から部屋への移動や実際に使う場面を想像し、快適に過ごせるかどうかの確認も必要です。実際に使っている場面・家具の配置などをはっきりさせて確認するのをおすすめします。家具などの寸法を設計者に伝えると図面に記入してもらうことができるのでぜひ相談してみてください。

展開図

展開図は、部屋の中心から四方の壁を見たときの、1面ごとの状態を表しています。窓の床からの高さ・ドアの間口部分の高さ・階段の手すりの高さなど高さの情報を読み取ることができます。

*確認するポイント
物を置いても窓を塞がない程度の窓の高さになっているか、ドアや窓の上端が揃っているかなどを確認しましょう。

□まとめ
以上、いくつかの図面についてその見方を解説しました。
すまいポート21ではあなたに最適な住まいづくりを提案します。今回の記事を参考にして、専門家がしっかりとサポートする住まいづくりを検討してみてはいかがでしょうか?新築やリフォーム、最適すまいの相談などがあればお近くのすまいポート21までお問い合わせください。