みなさんこんにちは。
これからキッチンリフォームをご検討の方の中で、「キッチンの種類ってどんなのがあるの?」と疑問を抱く方がいらっしゃると思います。キッチンのリフォームに取り掛かる前に、ある程度どんなタイプのキッチンがあるのか知っておくだけでも選択の幅が広がりますよね。
そこで今回は、キッチンリフォームをご検討の方に向けたキッチンの種類について特徴とともにご紹介いたします。

キッチンのタイプは大きく2つにわけられます
対面式タイプ
対面式タイプは、キッチンで作業をしながら家族と会話をしたり、お子さんの様子を見守ることができます。また、シンク前にカウンターがあることで料理の配膳がしやすいです。
一方で、デメリットとしてリビングからキッチンが丸見えであることや、料理のにおいや音がリビングに広がりやすいです。

対面式ではないタイプ
対面式ではないタイプは料理にしっかりと集中して作業することができます。
キッチンの配置にもよりますが、リビングからキッチンが丸見えになることがないため、急な来客でも気にする必要がありません。しかし、家族の様子を伺いながら作業ができない点や、リビングと分離して配置するため、孤立感を感じることもあります。

対面式タイプのキッチン

アイランドキッチン
アイランドキッチンは四方の壁から離れて設置されている、まさに島のように配置されたキッチンタイプです。
広くて動線が優れているので、大人数でのホームパーティーなどにぴったりです。

ペニンシュラキッチン
ペニンシュラとは英語で「半島」を意味します。
つまり、キッチンお左右どちらかに壁とついているキッチンタイプです。アイランドキッチンより開放感は劣りますが、それほど広さを確保する必要がないので間取りの制約が少ないのが特長です。

I型キッチン
これは一列にシンクと調理スペース、コンロが並んだキッチンタイプです。モデルルームで人気のタイプで、使い勝手の良いキッチンタイプです。

L型キッチン
これはシンクとコンロがL字のように配置されているタイプです。調理中の動きを少なくすることができます。

対面式ではないタイプ

独立キッチン
これはリビングとから完全に孤立したタイプのキッチンです。リビングから完全に隠れるため、急な来客に慌てる必要がありません。

壁付きキッチン
壁付きキッチンは文字通り、シンクと調理スペース、コンロ全てが壁に向かっている状態のキッチンタイプです。このキッチンはリビングとキッチンの境界がないため、部屋が広くかんじられ配膳もしやすいです。

□まとめ
今回はキッチンリフォームをご検討の方に向けたキッチンの種類とその特徴とともにご紹介いたしました。
ぜひ今回の記事を参考にキッチンリフォームをご検討ください。