「リフォーム業者はどうやって選べば良いの?」と、これからリフォームをすることをお考えの方の中には、その建築会社(工務店)の選び方について気になっている方も多いのではないでしょうか。現在の家を補修し、自分好みの家にしたいと考えると、意見をうまく反映してくれるような信頼できるリフォーム業者に施工をお願いしたいものです。では、良いリフォーム業者はどうやって選べばいいのでしょうか。
そこで今回は、「リフォーム業者の選び方」についてご紹介いたします。

リフォーム業者(建築会社(工務店))とは

そもそもリフォーム業者とは何なのでしょうか。実は、リフォーム業者とは、リフォームを専門としている業者だけを指すのではなく、業務の中にリフォームも含まれている建築会社や、業種が違うけれどリフォームも取り扱っている業者のことをも指します。また、大手のリフォーム業者だからといっても、自社施工を行うとは限りません。リフォームの依頼を受注し、下請け企業を手配し、施工を完了させることもあります。そのため、信頼できる業者は、自社施工であるか否かに関わらず、とにかく「安心して施工を依頼できるか」で判断すべきであると言えます。

リフォームの仕組み

住宅の建築においても、一部のリフォームおいても、全ての施工を1つの業者が完了させる場合はほとんどありません。

  • 契約した業者のみが施工
  • 一部を下請け業者が施工
  • 全部下請け業者が施工

以上のいずれかのパターンで施工が行われますが、実際に契約するのは元請けである1社となります。

ここまでリフォームの仕組みを説明しましたが、実際に業者を選ぶときは何に注意すればいいのでしょうか。

工事実績を確認しよう

リフォーム業者選びの際に注意すべきことは、実績を基にその業者が信頼できるかどうかを判断することです。
自分がこれから依頼しようとしているケースと同等のリフォーム実績が豊富な業者は、信頼しやすいものですよね。

保証・アフターサービスは充実しているか

リフォームに対する保証に関して、以下のようなパターンがあります。
独自の保証やアフターサービスがある場合
業者によっては、独自に設定した内容で保証やアフターサービスを行っているところがあります。この場合のデメリットは、その会社が倒産してしまうと保証してもらえないことです。しかし、経営基盤が確かであれば、独自のサービスでも問題はないことでしょう。

保証やアフターサービスがない場合
リフォーム業者の中には、保証やアフターサービスがないところもあります。
保証やアフターサービスがなくても、瑕疵担保責任がその業者があるため、損害賠償請求をすることは可能です。

リフォーム瑕疵保険に加入している場合
リフォーム瑕疵保険は、瑕疵の補修費用に保険金が使え、工事完了時に第三者検査員の検査が入ります。第三者が確認するため、信頼性という面では最も良いと言えるでしょう。

以上、リフォーム業者の選び方について紹介いたしました。これからリフォームをすることをお考えの方は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。
もう少し詳しく知りたいという方は、ぜひ一度すまいポート21にご相談ください。