リフォームをお考えの時に、壁紙選びにお悩みになる方は多いのではないでしょうか?壁紙ひとつで部屋の雰囲気は大きく変わってしまいます。良くも悪くも部屋の印象を左右するのが壁紙なのです。
今回は、リフォームでおしゃれな壁紙を選びたいとお考えの方に向けて、色選びのポイントについて解説していきます。

居心地や雰囲気を考慮する

どのような壁紙を人はおしゃれだと感じるのでしょうか?
一般的におしゃれな壁紙と聞くと、独創的であったり、柄付きの少し変わった壁紙を創造される方もいらっしゃるでしょうが、必ずしもそうとは限りません。
最も大切なのは部屋の雰囲気とマッチしているか、ということです。
壁紙単体のデザインというよりかは、ぱっと見た時にインテリアや間取りと調和しているかどうかがおしゃれな部屋作りに関係してきます。

では、リビングを例に挙げて見ていきましょう。
リビングは生活の中心ですから、開放感を持たせ、くつろげる雰囲気にしたいですよね。その場合はホワイト系の明るい色、かつシンプルなものを使用すると良いです。落ち着いた雰囲気をもたせたい場合はベージュ系で合わせると良いでしょう。部屋のコンセプトに合った壁紙選びをすることで、家具を置き、部屋全体で見た時におしゃれに見えることでしょう。

事前に作りたい部屋をイメージしておく

リフォームで壁紙を新調する場合、家具を配置する前に壁紙を決めることもあると思います。色一つで部屋のコンセプトが変わってくるので、どんな部屋にしていきたいのか自分なりのイメージを持っておくことが大切です。

床材やドアと合わせる

床材やドアの色と合わせることでよりおしゃれな印象を与えることができます。明るめのフローリングであれば、壁紙にも明るめの色を使用することでより開放感が生まれます。逆に、フローリングにダークカラーを使用する場合、壁紙には暗めの色は合わせないようにしましょう。その場合は壁紙にはくすみのないホワイト系を持ってくるとそれぞれの色がより映えておしゃれに見えます。

サンプルで出来上がりをイメージする

おしゃれな壁紙選びにはサンプルは不可欠です。
出来上がってから微妙な色の違いで後悔することのないように、サンプルを利用して出来上がりを把握しておきましょう。

□終わりに

以上、壁紙の色選びのポイントについて解説しましたが、いかがだったでしょうか?ぜひこの記事を参考にしていただき、壁紙選びにお役立てください。