大きな収納スペースの使い方や活用方法を紹介します

住まいの達人たち

SUMAPO PRESS

SUMAPO PRESS  >  住まいの達人たち  > 

大きな収納スペースの使い方や活用方法を紹...

大きな収納スペースの使い方や活用方法を紹介します

いかに詰めこむかではなく、いかに出し入れしやすくするか?

押入れや納戸などの大きなスペースは収納力があり便利。でもいざ物を入れようとすると「どうやって収納すれば良いの?」と意外に難しいものです。「とりあえず」と奥から物を入れていると『あかずの扉』になり得ることも。

そこで大きな収納の使い方のちょっとしたポイントをお教えします。

  • 空間を上中下、奥・手前で分けて考えましょう。
  • 身体負荷がかからないのは中・下・上の順です。

いかに詰めこむかではなく、いかに出し入れしやすくするか?

ウォークインタイプ

ウォークインタイプは人がスムーズに通れるスペースを確保。空間がもったいないからと詰めこんでいると結局モノが入りっぱなしになります。人が入るスペースは無駄ではありません。

押入

押入奥行のある押入れなどを前後に分けて使う時は手前のものは軽いものや簡単に動かすことができるものにしましょう。

 

[clink url=”https://www.sumai21.net/press/archives/384″]

関連記事

すまいポート21は
日本全国13店舗611社から
施工会社選びをお手伝いします。

  • 事例・プラン
    から選ぶ
  • 設計コンペで
    選ぶ
  • 目的から探す

事例から
選ぶ

お気に入りを
見つける

お問合せ

設計コンペを開催
or 施工会社ご紹介

※建築予定地を営業エリアとする建築会社からの選択となります

複数の建築会社から設計コンペをして選ぶ

あなたの出す条件で、複数の建築会社がプランと見積りを
作成し、プレゼンテーションをしてくれます

あなたの住まいづくりの目的から探す

施工事例やコンペから、あなたの住まいづくりの
目的別に施工会社を選ぼう