「注文住宅の購入を検討しているけど、失敗しないように何に気をつけたら良いかわからない。」「注文住宅の間取りで後悔しないためのポイントについて知りたい。」注文住宅の購入を検討している方で、間取りで後悔したくないとお考えの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

間取りをよく考えることは、快適な住宅にするためにとても重要なことです。そこで今回は、注文住宅の間取りで後悔しないためのポイントについて詳しく解説します。

注文住宅を購入する前に今後の生活スタイルを見直す

注文住宅を購入する前に、家族と今後の生活スタイルを見直すことはとても重要です。生活スタイルを確認しておくことで、間取りを決める際に必要なポイントが明確になり、後悔のない間取りの住宅を完成させやすくなります。

生活動線を考慮した間取りにする

間取りを決める際にもっとも重要なことは、生活動線をしっかりと考えた上で、間取りを決めることです。また、コンセントの位置もよく考えて決める必要があります。コンセントは、一度設置してしまえば場所を変えることは難しく、新しく設置するのも難しいからです。

収納は後悔しやすいポイント

間取りを決める際には、収納についてもよく考える必要があります。収納は、注文住宅を購入する際見落としやすいポイントです。

引っ越し前の基準で収納を考えて、生活をしていくにつれて収納が足りなくなってしまったという事例や、奥に広い収納にしてしまい、奥のものが取りにくいといった事例はよくあります。

吹き抜け

吹き抜けのある注文住宅にして、失敗して後悔したという事例は多々あります。吹き抜けは開放感があり、住宅を広く感じさせる効果があります。

しかし、エアコンの効率が悪くなり、電気代がかさんでしまうことがあります。そのため、吹き抜けのある注文住宅にしたいとお考えの方は、天井にシークリングファンを設置するなどの工夫をすることが大切です。

また、業者に後悔しないためのアドバイスをもらうことも非常にオススメです。

 

■ まとめ

今回は、注文住宅の間取りで、後悔しないためのポイントについて詳しく解説しました。ポイントを押さえておけば、満足のいく住宅を完成させられます。注文住宅の購入を検討していて、後悔したくないとお考えの方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

何かわからないことや聞きたいことがあればすまいポート21にお気軽にお問い合わせください。お客様に満足していただけるよう、丁寧にご対応させていただきます。