我が家の1階動線は図のようになっています。

夜仕事から帰るとまずLDKで家族に挨拶をして、そのまま和室へ。その和室にバッグをおろし、ジャケットをかけて、下着、室内着の着替えを収納から出してそのままバスルームへ。日中着ていた衣類は洗濯機前にある入れ物に入れて、明日の洗濯を待ちます。そして入浴後に着替えてLDKへ。こんな感じです。
朝はLDKで朝食をすませた後、洗面でひげを剃り、歯を磨いて、シャワーを浴びて、和室と2階へ行き着替えて出勤。こんな感じです。

我が家の1階動線

特に普段は不便さを感じないのですが、ご多分に漏れず朝の洗面は大渋滞するときがあります。
家族3人が団子状態になり「あっち行って、こっち行って」の応酬が始まることも。また、わたしは家族でただ一人、シャワーを浴びるので、その時に家族が洗面を使っていると邪魔そうな顔をされることもしばしばです。着替えを取りに和室に戻るときもあるので、その際にはこの動線を2回繰り返すので、家族の冷ややかな目を朝から浴びます(^^;)。

建築当初、担当の方から「トイレと洗面スペースを一緒にもできますよ」と提案もいただきましたが、家族の視線を感じるオープンなトイレスペースがどうしてもイメージできず、現在の間取りになりました。もしかするとその方が十分なスペースがとれて、余裕の洗面スペースになっていたかもしれないと感じる今日この頃です。
子供が小さいころはあまり感じなかったのですが、中学2年生にもなると当然、生活パターンも、体の大きさも変化するので、当初考えていた間取りですと不便に感じる場面も出てきますね。
洗濯機上のスペースが少し空いているので、今度、そこにちょっとした収納スペースを作って渋滞緩和を目指していきたいと思案中です。

これから住まいづくりをされる方は、今現在と未来で「何をどこにどのくらい収納するか」や「家族の生活パターンはどう変化していくのか」などを想像しながら、間取りを楽しく考えていくと良いかもしれませんね。

 

すまいポート21運営スタッフ 渡邊