「おしゃれな内装にしたいけれど、どの壁紙を選べば良いのか分からない」このように壁紙選びでお悩みの方は多いのではないでしょうか。

せっかく注文住宅を建てるのなら、理想の壁紙にしたいですよね。そこで今回は、注文住宅を検討中の方に向けて壁紙の種類と選び方を紹介します。

壁紙にはどのような役割があるのか

理想の壁紙を選ぶためには、役割について知っておくことが大切です。そこでまずは、壁紙が持つ役割について解説します。ぜひ参考にしてください。

部屋の印象を決める

1つ目は、部屋の印象を決めることです。壁紙は、内装やインテリアに大きな影響を及ぼし、雰囲気づくりに必須なものと言えます。どのような雰囲気の部屋にしたいのかという要望を、壁紙によって叶えられるでしょう。

壁の下地や木材を守る

2つ目は、壁の下地や木材を守ることです。壁の下地部分や木材を守るという役割も担っています。湿気を調節できるタイプのものもあるため、カビの繁殖を抑えられるでしょう。また、汚れやカビが下地部分につかないようにすることも壁紙の役割の一つです。

空間をきれいにする

中には、抗菌機能や消臭などの機能性を持つ種類もあります。ウイルスやアレルギーの浮遊を抑えてくれるものもあるため、健康に関する悩みも解消できますね。

 

以上が、壁紙の役割についてでした。

壁紙の種類について

壁紙が持つ役割について解説したところで、次は代表的な種類をご紹介します。注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

ビニールクロス

壁紙で最もたくさん使用されているタイプです。柄や色のバリエーションが豊富で、手入れもしやすいです。汚れ防止や消臭など、さまざまな機能を持った壁紙があるため、用途にあったものを選びましょう。

織物クロス

織物でできたタイプのもので、独特の高級感や重厚感を楽しめます。高級感のあるサテンやシルク以外にも、麻や綿からできた織物クロスは温かい雰囲気を演出できます。ただし、ホコリや水分がつきやすいため、定期的に掃除してください。

紙クロス

その名の通り、紙でできた壁紙です。環境に優しい素材とされ、上品で柔らかい風合いを楽しめます。音を吸収したり、空気を通したりする効果があるため、通気性の良い部屋にしたい方にはぴったりですね。ただし、耐水性の低いものもあるため、手入れには気をつけましょう。

珪藻土クロス

自然素材の珪藻土を使用したものです。味わいのある質感を楽しめますが、水拭きするとシミが残ることもあるため注意が必要です。

 

以上が、壁紙の種類についてでした。

失敗しない壁紙の選び方を紹介します!

ここまでは、壁紙の役割や種類について解説しました。次は、壁紙選びで失敗しないためのポイントを紹介しますぜひお役立てください。

理想の部屋の雰囲気をイメージすること

1つ目は、理想の部屋の雰囲気をイメージすることです。大前提として部屋のイメージが決まらないと、床材やインテリアに合う壁紙を選べません。ご家族と話し合ってうえで、どのような部屋にしたいのかを決めましょう。

家具や床、ドアとの色調バランスをみること

2つ目は、家具や床、ドアとの色調バランスをみることです。壁紙単体で選んでしまうと、統一感のない部屋になってしまいます。家具や床、ドアなどと調和するように、全体を意識したうえで壁紙を選びましょう。

壁紙の機能性で選ぶこと

デザインももちろん重要ですが、快適に暮らすためには機能性を考慮することがポイントです。壁紙の機能性には、消臭、耐火、汚れ防止、ひび割れ防止など、さまざまなものがあります。部屋の用途に合わせて、壁紙を選びましょう。

サンプルは大きいもので確認すること

色には、面積が大きいほど明るく見え、小さいほど暗く見えるという特性があります。そのため、小さなサンプルで色を選ぶと、イメージとは異なる色になる可能性があります。後悔しないためにも、できるかぎり大きなサンプルで確認しましょう。

 

■ まとめ

この記事では、壁紙の種類と選び方を紹介しました。また、壁紙の役割についても解説しました。どのような雰囲気の部屋にしたいのかイメージしたいうえで、壁紙を決めましょう。壁紙を選ぶ際は、ぜひ今回紹介したポイントを参考にしてください。