高断熱・高気密の住まいをお考えの方はいませんか?「高断熱・高気密にした場合換気は必要?」「高断熱・高気密の住宅は、なぜ換気が重要なのか」このように、高断熱・高気密にしたときに換気が必要なのか分からない方が多くいらっしゃると思います。

しかし、住宅の購入やリフォームを考えるときに知っておいた方が良い住まいが建てられますよね。そこで今回は、断熱と気密にしたときの換気の必要性と方法をご説明します。

高断熱・高気密の家とは

高断熱の家

高断熱の家とは、断熱材を壁や床などに敷き詰め、家の中と外の環境を分けて、熱が伝わりにくくしてある家のことです。

高気密の家

高気密の家とは、防湿シートや気密テープで家の隙間をできるだけ無くし、家の中と外の空気が交わることを防ぎ、冷暖房の効きを良くした家のことです。

つまり、高断熱・高気密の家は自ら換気をしなければ、ずっと同じ空気の中で生活することになります。家の中の汚れた空気を吸い続けると、シックハウス症候群など健康に害が出る可能性があるので換気は重要です。

高断熱と高気密住宅の換気

換気のやり方は大きく分けて「第1種換気/第2種換気/第3種換気」の3つの方法があります。

第一種換気

空気の取り入れと、排出を換気扇で強制的に行う方法です。各部屋に空気を通すためのダクトを導入しどの部屋でどれほど換気するのかを計画できるため最も正確に換気できます。

第2種換気

外から取り込む空気のみを換気扇で行い、家内の空気を正圧によって押し出します。外気がそのまま入ってくるので、コールドトラフト(室内の温度差で身体に悪影響)が発生しやすいです。

第3種換気

家内の空気を扇風機で強制的に押し出す方法です。

高断熱・高気密の家に適した換気方法

高気密・高断熱の住宅は隙間がとても少ないため、換気扇による換気が外の空気との接点になります。そのため、高断熱・高気密の住宅こそ効率的に換気を行わなければ健康に被害が出てしまいます。

工事の費用も考えなければなりませんが、人生のいちばん長い時間を過ごす場所なので、最も快適で健康な環境を得られる「第1種換気」がいちばんおすすめです。

 

■ まとめ

今回は、断熱と気密にしたときに換気が必要かどうかを説明しました。この記事が、新築やリフォームをされる際に少しでもお役にたてれば幸いです。

すまいポート21では、新築やリフォームについてのご相談を随時受け付けております。住宅の専門家が、お客様を全面的サポートいたします。住まいの新築やリフォームをお考えの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。