寒暖差も厳しくなってきました。先日、油断したら親子で風邪をひきました(;_;) もともと私も娘も、喘息や鼻炎とつきあっていかなくてはならない体質で、気管が弱いんですよね。春や秋の花粉はもちろん、ハウスダストや乾燥もすごく気になります。

リビングや寝室の加湿器は必需品です!暖房器具と同じくらい重要なものです!その大切なリビングの加湿器が今年の春先に調子が悪くなりました。ボタンの接触が悪くなり、スイッチが入らなくなりました。

あるとき、奇跡的にスイッチが入ったので、もうこれは切ってはいけないということになり、最後は稼働しっぱなし^^; なんとかそのシーズンは頑張って動いてくれたので助かったのですが。

で、また同じメーカーの同タイプの加湿器を買う予定だったんです。バルミューダのRainに合うまでは!このRain、私にとっては加湿器の「かたち」を大きくくつがえされた一品です。

バルミューダのRainのおすすめポイント

ポイントは、掃除が楽なこと! 水を直接注げること(タンクを運ぶ必要がない)!この2つがとっても魅力的。

今までは、掃除がすごく面倒だったんです……。水がたまる部分がなんだかきれいに拭けない構造になっていたりして、すっきり洗えない。清潔になっているのか?雑菌をばらまいてはいないか?と不安になったりして。

Rainの掃除は、4つくらいの部品を重ねているだけなのですぐに分解できるし、一番下はボールのような形なのでスポンジでさっと洗えます。

以前は、リビングの加湿器が大きかったので、タンクに水を入れる作業も面倒だったんですよね。タンクが重いし、周囲に水がたれてしまったりして。これが毎日となるとけっこうストレスです。タンクがないだけでこんなに気が楽になるんだなーとRainを使って思いました。

水を入れる際はやかんで上から水をジャーと注いでいます。水量が1〜5に表示されるので、水量を測る必要もない。娘も喜んでやってくれます(^ ^)

私は新型家電にすごく興味があるわけじゃないのですが、進化している家電ってすばらしいなーと実感!家事のストレスはできるだけなくしたい。Rainを買ってよかったなーと毎日思います。ランニングコストは前よりもずっと安くなりそうですしね(消費電力が少ないので)。

まだ使ったばかりですが、使用感はとてもいい感じ。オートで設定湿度を50%にしているんですが、最初は風力3でボーッと音が出ていたのが、しばらくしたら静かになっていました。今の時期は55%くらいの湿度で一定になっています。

この壺のような形もとってもユニークでかわいいですよね。加湿器に対する気持ちが大きく変わりました。以前の加湿器のタンクに水を入れていたときは無感情だったけど、Rainに水を注ぐときは、まるで花に水をあげているような? 愛情がわいてくるのはなぜでしょう(^^;

壺みたいな形がユニーク。けっこう大きいので存在感があるのですが…^^;

こんなふうに表示パネルに向かって水をジャーとかければOK。水量が表示されます。動作は壺(?)のふちをクイックするか、回して選択するだけ。

 

運営スタッフ スゴウ