間取りの決定は住まいづくりにおいて非常に重要なポイントです。なぜなら、間取りは快適な生活を実現するための基礎となる部分だからです。そこで今回の記事では、間取りの決め方と注意点についてご紹介します。この記事を参考にして、自身の間取りを考えてみてくださいね。

間取りはどのように決めるのか?間取りを決める時のポイントをご紹介します!

間取りの決め方について悩んでいる方はたくさんいらっしゃるでしょう。ここでは、間取りを決める時のポイントを7つご紹介します。

動線を考えること

1つ目は、動線を考えることです。間取りを決める場合は、生活動線を考えることが大切です。例えば、家事の最中にはどのように動くか、通勤前の準備ではどの部屋を使うかなどを考えます。生活動線を考えて間取りを決めることで、快適な生活を送れるでしょう。また、動線は複数あるため、優先順位の高い動線から考えることがおすすめです。

玄関の位置を決める

2つ目は、玄関の位置を決めることです。間取りを決める上で、玄関の位置は大切なポイントです。例えば、道路から玄関までの動線を考えて、玄関の位置を決めると生活しやすいでしょう。外出する時や、家に帰ってきた時の生活を便利にするために玄関の位置は重要です。

周辺の環境や土地を考慮する

周辺の環境や土地を考慮せずに間取りを決めてしまうと、方角やプライバシーに問題が生じる可能性があります。そのため、土地や周辺の環境を考慮して間取りを決めるようにしましょう。

風通しや採光を意識する

部屋で快適に過ごすためには、風通しや採光が重要なポイントです。例えば、リビングが暗く風通しが悪い場合は、リビングの雰囲気も暗くなってしまいますよね。そのため、風通しや採光を意識して間取りを決めることがおすすめです。

将来の変化を考える

5つ目は、将来の変化を考えることです。間取りを決める場合は、将来のことも考えて決める必要があります。その理由は、子供は成長して実家を出て行く可能性が高いからです。また、老後の介護のことも考えて間取りを決めると、老後も苦労せずに快適な生活を送れるでしょう。

家具の配置を決めておく

あらかじめ家具の配置を決めておくことで、扉やコンセントに被らずに配置できます。扉やコンセントの影響で、置きたい家具を置けないと残念ですよね。そのため、あらかじめ家具の配置を決めることをおすすめします。

間取りを決めるときに気をつけたいポイントとは?

間取りで失敗してしまうと、快適な生活が送れない可能性があります。そこで間取りを決めるときの注意点を3つご紹介します。

間取りを適当に決めない

間取りは具体的なイメージを持って決めることが大切です。その理由は、適当に決めてしまうと後々不満が出てくることや住みづらい可能性があるからです。そのため、どのような間取りの家に住みたいのかを具体的にイメージしておく必要があります。

コンセントを適当に配置しない

コンセントの位置は電化製品を使用するうえで非常に重要です。例えば、コンセントの位置を適当に配置したことで、家電が使いにくくなる可能性があります。そのため、どのような家電をどの場所に置くのかイメージしておきましょう。

おしゃれを重視しすぎると使い勝手が悪くなる

家を建てるのなら、おしゃれな間取りにしたいですよね。しかし、おしゃれさを重視しすぎてしまうと、使いづらい部屋になってしまうことがあります。そのため、おしゃれさと利便性をバランス良く考えることがおすすめです。

 

■ まとめ

今回は間取りの決め方と注意点についてご紹介しました。たくさん注意点はありますが、今回ご紹介した点に気を付けてみてくださいね。間取りについてお悩みの方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。また、注文住宅をお考えで間取りについてご相談したい方は、お気軽にお問い合わせください。