「コンセントの設置場所で失敗したくない」「コンセントの設置場所で迷っている」このような考えをお持ちの方は、いらっしゃるでしょう。コンセントの設置場所で悩むことは多いですよね。

そこで今回はコンセントの設置場所で失敗しないためのポイントを紹介します。注文住宅をお考えの方は、ぜひお役立てください。

コンセントの設置場所で失敗しないためのポイントを紹介!

コンセントを設置する際に失敗したくない方は多いでしょう。そこでコンセントの設置場所で失敗しない方法を4つのステップで紹介します。

ステップ1

1ステップ目は、各部屋で必要なものを整理することです。コンセントで失敗しないために、誰がどの部屋で何を使用するのかを明確にすることがおすすめです。例えば、キッチンの場合は電子レンジや冷蔵庫などの使用がイメージできるでしょう。

ステップ2

2ステップ目は、間取り図に家具を配置してみることです。各部屋で必要な家電が明確になった後は、間取り図に家具を配置します。この理由は、家具をコンセントが隠れない位置に配置するためです。

家具でコンセントが隠れてしまうと、コンセントが使用できなくなってしまいます。そのため、できるだけ家具を置こうと考えている位置を明確にすることがおすすめです。

ステップ3

3ステップ目は、各場所に家電を配置してみることです。家具の配置を考えた後は、間取り図に各部屋で使用する家電を配置します。

例えば、キッチンの場合は電子レンジや冷蔵庫などをキッチンのどこに配置するのか決めます。各部屋で使用する家電の配置を決めておくことで、コンセントの設置場所や数が明確になるでしょう。

ステップ4

4ステップ目は、生活に必要な家電の使用を想定することです。3ステップ目までで家電の配置を決めましたが、実際に使用した際に使いにくい場合があるでしょう。そのため、生活に必要な家電の使用を想定してみて、使いにくいか確認することがおすすめです。

コンセントの設置場所を決める際に注意すべき点について紹介!

コンセントを設置する際に何に気をつければ良いのか分からない方は多いでしょうそこでコンセントの設置場所を決める際に注意すべき点を4つ紹介します。

コンセントが濡れないように設置する

コンセントに水がかかり濡れてしまうと、ショートや漏電が起きる可能性が高いです。そのため、洗面所やキッチンなどの水回りは、コンセントが濡れないように注意する必要があるでしょう。例えば、洗面所でドライヤーを使用する場合は、頭の高さに近い位置に設置することがおすすめです。

屋外にもコンセントを設置する

2つ目は、屋外にもコンセントを設置することです。駐車場や玄関前にコンセントを設置しておくことで、高圧洗浄機や掃除機を使用するときに便利です。

また、庭で芝刈り機を使う方は、屋外にコンセントを設置すると良いでしょう。屋外のコンセントは盗電される可能性があるため、盗電防止用保護カバーをつけることがおすすめです。

充電式掃除機のコンセントを収納場所に設置する

充電式掃除機を廊下や部屋で充電すると、動線の邪魔になってしまう可能性があるでしょう。収納内にコンセントを設置しておくと、収納したまま充電できます。そのため、充電式掃除機を使用される方は収納場所にコンセントを設置することがおすすめです。

電気鍋やホットプレート用のコンセントはダイニングテーブルの下に設置する

4つ目は、電気鍋やホットプレート用のコンセントはダイニングテーブルの下に設置することです。電気鍋やホットプレートを使用する際に、壁に設置したコンセントを使用するとコードが邪魔になってしまうでしょう。そのため、テーブルの下に床用コンセントを設置することがおすすめです。

 

■ まとめ

今回はコンセントの設置場所で失敗しないためのポイントを紹介しました。コンセントの設置場所で失敗しないためには、間取り図に使用する家具と家電を配置して、使用している姿を想像してみることがおすすめです。注文住宅をお考えでコンセントの設置場所について相談したい方は、お気軽にお問い合わせください。