「リフォーム会社選びの方法を知りたい」「リフォームするか新築住宅を購入するか迷っている」このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。リフォームを行う上で、会社選びはとても大切ですよね。

また、新築かリフォームかというのは誰もが悩むポイントでしょう。そこで今回はそのような方必見の情報をお届けします。

リフォームの会社選びのポイントについて

皆さんはどのようにリフォーム会社を選定しようとしていますか。選ぶための判断基準には様々なものがあると思いますが、今回は、良い会社を選ぶ上で知っておくべきポイントを3つご紹介します。ぜひ参考にしてください。

どれだけ実績があるか

1つ目のポイントは、どれだけ実績があるかです。実績がしっかりとある場合、最適なプランを提供してくれますし、内容や数も豊富です。実績はホームページなどから確認できるので、ぜひ確認しておきましょう。実績や利用者の声が直接分かる場合はより安心ですね。

費用が安すぎる場合は注意

つい安いプランに目が行きがちですが、質が低い場合、手直しが必要になり、結果的にコストがかかってしまう場合があります。安さだけを理由に選ぶのは避けることをおすすめします。

アフターサービスがどれだけ充実しているか

手厚く長期的にサポートしてくれる会社は信頼できますよね。サービスの内容もしっかりと納得できるものであるかどうかを確認しましょう。

新築の注文住宅か中古住宅のリフォームか

ここまで、良い会社選びの方法について解説しました。会社選びの方法が明確になったのではないでしょうか。続いては、注文住宅かリフォームかでお悩みの方に向けて、それぞれのメリットをご紹介します。

それぞれのメリットをしっかりと把握し、比較することで、ご自身の理想に合った方を選択してください。まずは新築の注文住宅を建てるメリットを4つご紹介します。

自由に間取りを考えられること

これは新築の大きな利点ですよね。リフォームの場合、変えられる間取りにも限界がありますし、耐震などの面から、取り外せない壁がある可能性が高いです。今後のライフスタイルを踏まえて、最も良い間取りの家を一から作れることが新築のメリットです。

設備にこだわれるということ

最新の機能を搭載した設備を導入できます。お風呂やトイレなど、毎日使う設備の質が高いとそれだけで暮らしが快適になりますよね。リフォームの場合、全ての設備を最新のものに取り換えるとかなりのコストがかかってしまいます。

また、時間も必要になってしまいます。最初から質の高い設備を揃えられるというのは、新築ならではのメリットですね。

安全性を高められること

長く住む家において、耐震などの性能の高さは必要不可欠です。安全性にこだわった新築を建てることで、長く安心して住めますね。

減税制度等の優遇が受けられること

固定資産税の軽減・登録免許税の軽減・不動産取得税の軽減など、新築住宅の場合には税制面での手厚い優遇制度が整備されています。

リフォームのメリットを2つご紹介します

1つ目は、コストを抑えながら好みの部屋にできることです。コストがかからないというのは一番のメリットですよね。

2つ目は、その土地の利便性や周辺の環境がすでに分かっているという点です。新たな土地に新たな家を建てる場合、周辺環境や立地などの確認が新たに必要ですし、場合によっては後悔に繋がることもあります。しかし、リフォームの場合はその手間を省けます。

 

■ まとめ

今回は、良いリフォーム会社の選び方について、また、注文住宅かリフォームかの判断の仕方について解説しました。当初のお悩みが解決したのではないでしょうか。

今回の情報を参考にして、より良い暮らしを手に入れてくださいね。リフォームについて分からないことがありましたらいつでもお気軽にご相談ください。