リフォームを行う上で、重要となるのがリフォーム会社です。DIYによって自分で施工する方もいらっしゃいますが、手間や難易度を考えると、ほとんどの方がリフォーム会社へ依頼するのではないでしょうか。

その場合、数あるリフォーム会社から、良い会社を選ぶのも難しいですよね。そこで、よくある失敗例を含め、会社を選ぶ際のポイントをご紹介します。

リフォーム会社を選んだ際のよくある失敗例は「急かされて契約すること」

「すぐ契約してくれたら安く仕上げます」「値引き期間なので今を逃すと費用が高くなる」

このように、こちらの焦燥感を煽るような文言で契約を急いて進めようとする方がいます。ですが、すぐには契約せずにしっかりと考えましょう。悪徳な会社を見抜けず、適当な施工を行われたり、自分の本来の希望が反映されない施工結果になったりと、良いことは1つもありません。

「費用のことも含めて他会社とも相談したい」

このように言って、一旦時間をもらいましょう。それすらもできないという会社は安心しにくいので、契約を結ぶのは避けた方が良いかもしれません。

また、ご家族と相談をすることで冷静な判断ができることもあります。怪しい、と思った場合は気兼ねなく周りに相談してみましょう。

リフォーム業者の資格を確認

一概に「リフォーム」と言っても、簡単なものから複雑な施工まで様々なものがあります。その中で関連する資格も多くありますが、「水道・ガス・電気」の施工を除いて、「500万円未満」の請負金額の場合は、資格の所有が必須ではありません。

とはいえ、資格を持っていないよりは取得している会社の方が安心ですし、施工技術の面でも信頼して任せることができるでしょう。

関連資格としては「建設業許可」「建築士」「建築整備士」「施工管理技士」「マンションリフォームマネージャー」「電気工事士・電気工事施工管理技士」「ガス主任技術者・ガス可とう管接続工事監督者・ガス設置機器スペシャリスト」「水道技術管理者・管工事施工管理技士・下水道排水設備工事責任技術者」があります。

それ以外にも家具の情報に詳しい「インテリアプランナー」、住まいのリフォーム相談に乗ってくれる「増改築相談員」などもあります。全てを網羅している必要はありませんが、取得している資格が多いとそれだけ安心感と信頼感も高まるでしょう。

 

■ まとめ

悪徳な会社から優良な会社まであるリフォーム会社から、信頼できる1社を選び出すのは簡単ではありません。決して急いで契約したりせず、様々な情報を得たり、家族に相談したりしましょう。今回の内容を参考に、失敗しないリフォーム会社選びをしてくださいね。