浴室のリフォームをお考えの方はいませんか?「浴室をリフォームする際に気をつけるべきポイントを教えて欲しい」「水回りのリフォームは不安だ」このように、浴室のリフォームについて知りたい方は多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、浴室のリフォームを行う際の注意点を解説します。

浴室の種類

浴室には、「在来工法」と「ユニットバス」の2種類があります。浴室をリフォームする際は、どちらにするか決める必要があります。

在来工法

在来工法とは、家の中の一室を浴室として使用することです。自分好みの材料を使えるのが、在来工法のメリットです。逆に、防水や防熱機能が低いことがデメリットです。

ユニットバス

ユニットバスは、浴室の設備を一体化して工場で生産したものです。メリットとしては、防熱機能や防水機能の高さが挙げられます。また、短期間の工事でリフォームが可能です。ただし、もともとセットとして作られているため、自分好みにカスタマイズできません。

浴槽のサイズ

浴槽のサイズを考える際は、家族の人数や浴室の広さを考慮しましょう。広すぎても光熱費がかかります。一方で、機能性やデザインだけを重視して選ぶと、浴槽が狭くて窮屈だったというケースもあります。家族みんなが使いやすい浴槽のサイズを選ぶのが良いでしょう。

必要な機能を取捨選択する

最近では、ジェットバスやミストサウナといった、機能が充実した浴室もたくさん提供されています。最新設備を導入したものの、いつの間にか使わなくなる場合もあります。最新設備は掃除やメンテナンスも大変なため、必要な機能の見極めが大切です。

断熱材を入れるリフォーム

最近増えているのが、断熱材を浴室に追加するリフォームです。浴室と脱衣所の温度差により、脳梗塞を引き起こす高齢者もいます。将来のことを考えて、断熱効果を高めるリフォームも検討してみてはいかがでしょうか。

リフォームの工事期間

リフォームをしている間は、当然お風呂に入れません。また、リフォームが終わった後も、塗装が乾かないといった理由で、すぐに浴室が使えない場合があります。リフォームの工事期間はあらかじめチェックしておきましょう。

 

■ まとめ

今回は、浴室リフォームの注意点について解説しました。すまいポート21では、リフォームについてのご相談を随時受け付けております。住まいの専門家が、お客様を力強くサポートします。ぜひ一度、すまいポート21までお問い合わせください。