注文住宅をお考えの方は、間取りを決めるときのコツについてご存じでしょうか。間取りの決め方でお悩みの方は、いらっしゃるでしょう。そこで今回は注文住宅の間取りを決めるときのコツを紹介します。間取りの決め方のコツを知りたい方は、ぜひお役立てください。

注文住宅の間取りを考える前に知っておくべきことを紹介!

注文住宅の間取りを考える際に知っておくべきことを3つ紹介します。

建築基準法について

1つ目は、建築基準法についてです。もし誰もが好きなように家を建てた場合、全ての人が快適に暮らせないですよね。例えば、日当たりや街の景観などを確保できないでしょう。

そこで定められたのが建築基準法です。建築基準法とは、建物を建築する際や利用する際に守る必要がある最低限のルールを定めた法律のことです。具体的には建ぺい率、容積率、斜線制限、地域区分について基準が設けられています。

流行りの間取りにある盲点について

2つ目は、流行りの間取りにある盲点についてです。衣服に流行りがあるように、間取りにも流行りがあります。例えば、吹き抜けや屋根裏収納などがあります。流行りの間取りに憧れを持つ方はいらっしゃると思いますが、デメリットを知った上で採用するかどうかを決める必要があるでしょう。

例えば、屋根裏収納は基本的にハシゴを使って物を収納します。ハシゴを昇る必要があるため、大きな物や重い物の収納は難しいです。また、高齢になった際にハシゴを昇ったり降りたりするのは難しいでしょう。このように流行りの間取りにも盲点があるかもしれないので、メリットだけでなくデメリットも確認することをおすすめします。

家の外も含めて間取りを考えること

3つ目は、家の外も含めて間取りを考えることです。間取りは家の中だけを考えるのではなく、家の外も含めて考える必要があります。その理由は、玄関と駐車場の位置関係や隣家との位置関係が重要だからです。例えば、玄関と駐車場が離れていると、重い荷物を長距離運ぶ必要があります。

また、リビングが隣家から丸見えだとカーテンを開けられずに不便です。そのため、家の外も含めて間取りを考えることがおすすめです。

失敗しない間取りの決め方のコツを紹介!

失敗しない間取りの決め方のコツを4つ紹介します。

動線を考えること

1つ目は、動線を考えることです。動線を考えて間取りを決めることで、家事や生活の負担が減ります。例えば、洗濯機置き場とバルコニーの距離を近くすることで洗濯が楽になります。また、洗面台を2つ設けることで、朝の準備で洗面台が混み合う時間に2人同時に準備できるでしょう。

土地や周辺の環境を考慮すること

2つ目は、土地や周辺の環境を考慮することです。土地や周辺の環境を考慮しない場合、快適に暮らせない可能性があります。そのため、土地や周辺の環境を考慮して間取りを決めることがおすすめです。例えば、外から見えやすそうな部分に窓を設けないようにしたり、車通りが多い場合は防音性の高い素材を使ったりすると快適に暮らせるでしょう。

採光や風通しを意識すること

3つ目は、採光や風通しを意識することです。採光や風通しの良さは快適に過ごせる部屋に必須の条件でしょう。採光が悪い場合は部屋が暗くなってしまい、風通しが悪いと湿気がこもりやすくなってしまいます。特にリビングは、家族が長い時間過ごす場所であるため、採光と風通しを意識すると良いでしょう。

将来の変化を考えること

4つ目は、将来の変化を考えることです。間取りを決める際は、将来の変化も考える必要があります。例えば、お子様がいる家庭の場合は、お子様が独立した後の部屋の使い道を考える必要があるでしょう。また、老後のことも考えて老後に暮らしやすい間取りにする必要もあるでしょう。

 

■ まとめ

今回は注文住宅の間取りを決めるときのコツを紹介しました。注文住宅の間取りを決めるときは、動線や周辺環境、採光や風通しを考慮すると良いでしょう。また、間取りの決め方について相談したい方は、お気軽にお問い合わせください。