リフォームをしたいけど何から始めるのが正解なのか分からない、とお悩みの方もいるでしょう。リフォームの経験がない方であれば、分からないのは当然です。今回は、そんな方のためにリフォーム前にすべきことや全体の流れについて解説します。

リフォームは何から始めれば良い?

リフォームはまず、住まいの不満や不都合について、家族で話し合うことから始めましょう。それぞれが改善したいポイントを出し合ったら、意見をまとめていきます。家族の意見がまとまらないまま、業者に依頼してしまうとプランに時間がかかったり、工事の途中でプランを変更することになったりして、時間と費用がかさむ結果となってしまいます。どうしても譲れない部分がある場合は、ノウハウを持ったプロや業者にすべての状況を話して、アドバイスを求めてみるのも良いでしょう。

リフォームの計画では5年後、10年後など、将来を見据えて計画することも大切です。子ども部屋を新しく作る、二世帯住宅にするなどライフスタイルの変化次第で様々なケースが考えられるでしょう。また、高齢になれば手すりの設置や段差の解消など、バリアフリー化を意識した住宅にしたいものです。以上のように、現時点だけではなく、今後の暮らし方も含めたプランを立てましょう。

インテリアやデザインなど、細かい部分は後からでも構いません。まずは今後の暮らし方を最優先に考えてプランを立てることが大切です。リフォームでは、できることとできないことがあります。自分が所有する住まいだからといって、自由にリフォームできるわけではありません。建築基準法などによって定められた制約を守ることが前提です。プランを建てる前に、ある程度の知識を頭にいれておきましょう。

リフォームの全体の流れと注意点は?

全体の流れ

まず、リフォームをしたい場所と、どのように改善したいのかを明確にします。次に、リフォームを依頼する会社を決めていきます。そして会社が決まったら、リフォームの内容がきちんと希望通りの内容になっているか、支払い方法、リフォーム後の保証などを確認します。気になる点や実現させたい点は、口頭ではなく必ず契約書に盛り込んでもらいましょう。その後は契約、工事、支払いといった流れです。

注意点

1つ目のポイントは、「イメージを整理することと余裕のある資金計画を立てること」です。リフォームを希望通りに進めるには、イメージをしっかり整理し、相手に確実に伝える必要があります。雑誌やインターネット上の写真を活用すると、確実にイメージの共有ができるでしょう。

また、余裕のある資金計画も重要です。リフォームにかかる費用や諸費用など、総額でいくらかかるのかを事前に明確にしておきます。リフォームの話が進むと希望が膨らみがちですが、一度冷静になって、リフォームに使えるお金を計算すると良いでしょう。無理なく返せるのか、家族のライフイベントで大きく支出が発生する年はないかをしっかり確認して余裕のある資金計画を立てましょう。

2つ目のポイントは、「情報収集と見積もりをしっかり行うこと」です。知らないと損をしてしまうこともたくさんあるため、情報収集は大切です。インターネットやチラシ、口コミサイトなどを上手に活用しましょう。また、見積もりの際には、電話などの口頭ではなく記録に残るメールを使ってやりとりをするようにしましょう。後々のトラブルを避ける為にも、とても重要なポイントです。

 

■ まとめ

今回は、リフォーム前にすべきことや全体の流れについて解説してきました。皆様の参考になれば幸いです。リフォームをお考えの方、疑問点がある方はぜひお気軽にご相談ください。