大きなお金が動く注文住宅だからこそ、家づくりで後悔したくないですよね。そこで今回は、家づくりで後悔したことのランキングについて紹介します。マイホームを検討される際にぜひ参考にしてみてください。

家づくりで後悔していることとは?

以下では、家づくりで後悔していることをランキング形式で紹介していきます。

1位 お金に関する後悔

土地と建物の予算は把握していたが、外構の予算を確保していなかったという声がありました。土地や建物の費用以外にも、不動産取得税、司法書士の費用、仲介手数料、外構の工事費や屋内電気工事費などもかかってきます。どんな費用がどれだけかかるかは抜けなく把握しておきましょう。

また、「毎月の住宅ローンの支払いがつらい」という声もあります。返済できるかどうかギリギリのラインでローンを組んでしまったのでしょう。しかし、無理をして高い家を購入し、ローンを組むのはとても危険です。今後どういう生活をしていきたいか、老後にいたるまでどのくらいのお金が必要になるかをしっかりとシミュレーションしたうえで、家づくりにかけられるお金を設定しましょう。

2位 間取りに関する後悔

広いリビングや吹き抜けのリビングにこだわり、空調の効率が悪くなったと後悔している方も多いようです。広いリビングを設計するなら、引き戸などで移動できる間仕切りを設置したり、吹き抜けのリビングには床暖房をつけたりなどの工夫も併せて検討すると良いでしょう。

必要な場所にコンセントを設けていなかったために、家電を使う場所が制限されてしまい、家が延長コードだらけという方もいます。どこでどんな家電を使うのかをイメージしてから配線を計画すると、このような後悔もしなくて済みます。

3位 土地に関する後悔

土地にお金がかかりすぎて、建物や外構にかける予算が少なくなってしまった方もいるようです。これは、事前に予算のシミュレーションをしておくだけでも十分に防げる事案です。

また、土地を購入した後に打ち合わせをしたところ、希望の間取りをとれなかったり駐車場のスペースを確保できなかったりといった失敗もよくあります。希望する広さの家を建てられる土地かどうかは素人では判断が難しいものです。依頼先と一緒に土地探しを行うと良いでしょう。

家づくりで後悔しないためのポイントとは?

理想の注文住宅のイメージを具体化すること

いきなり間取りから考える必要はないので「ペットと快適に暮らせる住まいにしたい」「老後も安心して過ごせる家づくりにしたい」など、家のコンセプトとなるようなイメージから考えましょう。

家のコンセプトは設備やオプションを考えるうえでも取捨選択する判断基準になります。予算内で理想のマイホームを実現するためにも、まずは住まいのイメージを固めましょう。

資金計画で予算を明確にし、オプションを慎重に選ぶこと

注文住宅でありがちな失敗として予算をオーバーしてしまうことがあげられますが、家づくりの初期段階から資金計画を立てておくことで防げます。住宅ローンを組む場合は、将来的な家計の変化も見据えた現実的な返済シミュレーションを立てましょう。

また、オプションを際限なしに加えてしまうとあっという間に予算をオーバーしてしまいます。本当に必要かどうかを慎重に検討しましょう。

 

■ まとめ

今回は、注文住宅で後悔しがちなことや後悔しないためのポイントについて解説してきました。本記事が皆様の家づくりの参考になれば幸いです。注文住宅をお考えの方、興味をお持ちの方はぜひお気軽にご相談ください。丁寧にサポートをさせていただきます。