「注文住宅を考えているけれど、木材の種類って重要なの?」「木材の種類にこだわりたいけど、そもそも木材の種類ってどんなものがあるの?」あなたもこのような疑問をお持ちではないでしょうか?

せっかくの注文住宅ですから、木材の種類にもとことんこだわりたい方は多くいらっしゃるかと思います。一方であまりよく分かっていない、選び方が分からないという方もいます。

そこで今回は、注文住宅をお考えの方向けに、木材の種類やその選び方についてご紹介していきます。

木材の種類(良く使われるもの例)

木の種類は、国産と海外産を含め非常に多くありますが、ここではほんの少し例をご紹介します。

ヒノキ

日本の方であれば木材の名前で最初に浮かぶのは、ヒノキではないでしょうか。ヒノキは高級木材として有名で、昔からお寺や神社に多く使われていました。聖徳太子が建てたとされている法隆寺にも使われています。

ヒバ

あまり聞きなじみがないかと思いますが、ヒバにはヒノキと同じような特徴があります。ヒノキチオールという精油成分が含まれており、殺菌力や耐水性があるので、白アリや菌に強いのが特徴です。このような特徴から住宅の土台や柱によく使われます。

スギ

杉は日本各地に見られる代表的な木で、安価で流通量も多い木材になります。材質が柔らかいので、住宅だけでなく舟や桶など、様々な用途で使用されています。

ウォールナット

ウォールナットは耐久性があるだけでなく、加工しやすいのが特徴です。木目が美しいので、家具の素材としてよく使われます。

ブナ

ブナは安価で流通していますが、腐りやすいために昔はあまり重宝されていませんでした。しかし近代になって技術が発展してから、柔らかいブナの材質の良さを生かして床や扉などに利用されるようになりました。これはほんの一部ですが、少しでも木材の種類を把握しておくようにしましょう。

木の選び方

木にはそれぞれメリットやデメリットがありますので、「これを選んでおけば完璧」というものはありません。さらに人によって重視したい部分は違うので、木材の選び方は重要です。

おすすめは、実際に触ったり、見たりして確かめていく方法です。やはり百聞は一見に如かずですから、床のように年中接触するようなところに使う木材を選ぶ時には、実際の肌触りを確認した方が良いかと思います。

色合いを確かめるにも、写真とイメージが違うこともよくありますので、見て確かめた方が確実です。

 

□まとめ

今回は、注文住宅をお考えの方向けに。木の種類や選び方についてご紹介しましたが、ご参考になりましたでしょうか?多種多様な木材から選ぶのは、なかなか時間がかかる作業かと思いますが、ぜひご自身の希望を叶えられるような木材を選んでみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。注文住宅について何か気になること、お困りのことがございましたら、すまいポート21までお気軽にお問い合わせください。