照明で住まいを雰囲気のある空間にしたいという方は多いと思います。しかし、照明には種類がたくさんあり、どれを選べば良いか悩みますよね。

そこで今回は、照明の種類と空間をおしゃれにする照明選びのポイントを紹介します。注文住宅を検討されている方は、ぜひお役立てください。

注文住宅において照明選びが大切な理由とは

注文住宅を建てる際はさまざまなことを決める必要があるため、照明は後回しにして自分で購入するイメージの方も多いでしょう。しかし、本来は間取りと一緒に考えるのがおすすめです。以下では、なぜ照明選びが大切なのかについて解説します。

ワンランク上のデザインに

まずは、ワンランク上のデザインにできるからです。おしゃれな部屋作りには壁紙やフローリング選び、間取りの工夫などが大切ですが、照明にこだわることでよりおしゃれな空間にできます。

色温度や光の角度などを工夫するだけでワンランク上の空間になるので、費用対効果がとても大きいです。

自宅で過ごす時間は夜が多い

次は、自宅で過ごす時間は夜が多いからです。日光がたくさん差し込む明るい間取りも大切ですが、家事終わりや仕事帰りのリラックスタイムなど夜は自宅で過ごす方が多いと思います。おしゃれな雰囲気の中で囲む食卓や家族の団らんは、日々の疲れを癒してくれるでしょう。

照明プランは後から変更できない

最後は、照明プランは後から変更できないからです。照明の配線は、天井や壁裏などの目には見えない部分を通すので、基本的に完成した後に変更することは難しいです。

もしリフォームで照明プランを変えようとすると、その分の手間と費用がかかります。「もう少し工夫すれば良かった」と完成後に後悔しないためにも、照明選びはしっかり行いましょう。

照明の種類について

シーリングライト

1つ目は、シーリングライトです。これは、天井に直接設置するタイプの照明です。高い位置から部屋全体を照らせるため、勉強部屋や作業部屋におすすめです。

ペンダントライト

天井から吊り下げるタイプの照明で、おしゃれでデザイン性が高いのが特徴です。低めの位置から照らすため、陰影ができて雰囲気もアップします。

スポットライト

これは、天井や壁に取り付け、1か所を集中的に照らす照明です。設置した後でも、ライト一つひとつの向きを変えられるのが大きなメリットです。

ダウンライト

天井に埋め込んで設置するタイプで、部屋をすっきりとした印象にできます。ダウンライトは小さいので、ペンダントライトなどの照明と組み合わせることでさらに明るくなるでしょう。

ブラケットライト

天井ではなく、壁に取り付けるタイプの照明です。照らす範囲はそこまで広くないですが、デザイン性が高くインテリアとして楽しめます。

 

今回紹介したもの以外にも、間接照明やフットライトなどがあります。それぞれに特徴があるので、用途や設置場所によって使い分けるようにしましょう。

空間をおしゃれにするためのポイントをご紹介!

一灯照明と多灯照明

一般的な賃貸アパートは、1室に主照明1つという「一灯照明」になっていますが、どこか単調な雰囲気になりがちです。おしゃれな雰囲気にしたい場合は、照らしたい場所に合わせて、複数の照明を組み合わせる「多灯照明」がおすすめです。部屋に陰影ができ、奥行き感が生まれるでしょう。

電球の色

電球の色には大きく分けて、「昼光色」と「電球色」があります。基本的に、作業したい場所には昼光色、リラックスしたい場所には電球色がおすすめです。

照明の種類

先ほど紹介したように、照明にはさまざまな種類があります。それぞれの特徴を把握したうえで、どこにどのタイプの照明を取り付けるのか考えましょう。

 

■ まとめ

この記事では、照明の種類と空間をおしゃれにする照明選びのポイントを紹介しました。また、注文住宅において照明選びが大切な理由についても解説しました。

ぜひこの記事を参考にして、満足のいく照明選びをしましょう。注文住宅をお考えの方は、お気軽にご連絡ください。