「注文住宅を建てるまでの流れが分からない」このようなお悩みをお持ち方の方は多いでしょう。そのため、今回はマイホームを購入する際の流れをご紹介します。

注文住宅を建てるまでの流れと期間をご紹介!

注文住宅では、検討し始めてから竣工や引き渡しが完了するまでに9ヶ月から1年ちょっとかかります。今回は注文住宅を建てるまでの流れをご紹介します。

予算検討とイメージづくり

予算を計算する場合は、注文住宅にかかる費用と住宅ローンで借りられる金額を確認しましょう。イメージづくりでは、間取りの希望やデザイン、家を建てる場所など、どんな家を建てたいかを考えておきましょう。

ハウスメーカー選びや土地探し

土地探しでは、インターネット上に希望の土地が売り出されてから問い合わせるのではなく、事前に不動産会社に依頼すると良いでしょう。良い土地が売り出された場合、即座に連絡をもらえます。

間取りプランに提案と見積プランを提示

次に、間取りプランに提案と見積プランを提示します。ハウスメーカーに見積概算や資金計画書、簡単な間取り図などの資料作成を依頼しましょう。

工事請負契約

工事請負契約をした後に変更の契約による追加費用がかからないように注意しましょう。工事請負契約の際には希望の設備や仕様があるかをしっかりと確認しておくことが大切です。

詳細打ち合わせやプランの決定

簡易的な地盤調査を行ったり、金融機関を選んで住宅ローンの仮審査を申し込んだりします。さらに、プランニングした家が法令に反していないかの建築確認を市区町村に申請します。建築確認が完了すると、住宅ローンの本審査を受けて金融機関と契約を結びましょう。

着工

工事が始まる前には、重機が通過したり、騒音が発生したりするため、近隣に事前に挨拶に行っておくと良いでしょう。

竣工や引き渡し

建物が完成したら、市区町村による完了検査を受け、建築確認申請のとおりに建てられているか確認のうえ、検査済証が発行されます。建物の引き渡し前には、設備等の不具合や傷がないかなど、施主が立ち会って最終的なチェックを行いましょう。

家が引き渡しになるまでの期間をご紹介します。

土地探しから始める場合は、早くて1年半前、遅くとも10ヶ月前には計画をし始めましょう。探してすぐに希望通りの土地が出てくるとは限りません。本格的な検討を始める前でも、普段から不動産情報サイトやチラシをチェックしたり、近所の空き地を確認したりしておくと良いでしょう。

土地が決まっていない場合、土地探しには少なくとも数週間から3ヶ月程かかります。土地は将来的に資産となるため、可能な限り値下がりのしない魅力的な場所を選ぶことをおすすめします。

着工から完成までは、約3~4ヶ月程度といわれています。着工前の段階で、細かい点まで一通り決めておくことが大切です。内装材や設備の変更、外構工事の追加などがあると、予定の工期が伸びるケースもあるため、注意しましょう。

また、資材発注に時間がかかり、工事が中断してしまうこともあります。仕様を変更したい場合には、早めに担当者に伝えましょう。

建物が竣工してから引き渡しには約1ヶ月必要です。この1ヶ月で住宅ローンの決済や登記を済ませましょう。引き渡しの際に完成した建物の状況を細かくチェックし、万が一不備があれば再度工事が必要です。そのため、竣工から引っ越しまでに内容により1~2ヶ月程度かかる場合もあります。

 

■まとめ

今回はマイホームを購入する際の流れをご紹介させていただきました。注文住宅を建てる際は、間取りプランに時間をかけれるように計画を立てスムーズに取り組みましょう。この記事を参考していただけると幸いです。