注文住宅をお考えの方は、照明選びで失敗しないためのポイントについてご存じでしょうか。照明選びで失敗したくないが、失敗しない方法を知らない方は多いでしょう。

そこで今回は照明選びで失敗しないためのポイントを紹介します。ぜひお役立てください。

照明計画の基本的な立て方を紹介!

照明計画の立て方でお悩みの方は多いでしょう。そこで照明計画の基本的な立て方を3つの手順に分けて紹介します。

部屋の用途やイメージを考える

1つ目は、部屋の用途やイメージを考えることです。照明は部屋をおしゃれにするアイテムですが、明るさが適切でない場合は生活しにくいでしょう。特に高齢者の方と一緒に住んでいる場合は、転倒事故に繋がる可能性が高いため、注意する必要があります。

適切な明るさは、年齢や家族構成、ライフスタイルによって異なるため、部屋の用途やイメージを考えながら検討することがおすすめです。

照明器具の種類を選ぶ

2つ目は、照明器具の種類を選ぶことです。部屋の用途やイメージが決まった後は、照明器具を選びます。一般的な照明器具は、シーリングライト、ペンダントライト、ダウンライト、ブラケットライト、フットライト、スポットライトなどです。

照明の配置を考える

3つ目は、照明の配置を考えることです。使用する照明が決まった後は、どの部屋のどの位置に設置するかを決めます。照明の高さと位置は、家を建てた後に変更することは困難であるため、図面上で確認することをおすすめします。実際に生活している姿をイメージして、適切な位置を考えると良いでしょう。

注文住宅の照明選びで失敗しないためのポイントを紹介!

照明選びで失敗したくない方は多いでしょう。そこで注文住宅の照明選びで失敗しないためのポイントを場所別で5つ紹介します。

玄関

1つ目は、玄関です。玄関は家に来た人が最初に訪れる場所でしょう。玄関が暗い場合、家全体がネガティブなイメージになってしまう可能性が高いです。そのため、明るさを意識して照明を選ぶと良いでしょう。また、玄関に自然光が入り、充分な明るさが確保できる場合は夜に来客したときを考えて選ぶと良いでしょう。

リビング

リビングは日々の過ごし方や家族構成によって、適切な照明が異なります。例えば、子供がリビングで勉強する、テレワークとして活用するなどの場合は明るい照明を選んだ方が良いでしょう。お酒を飲みながらゆっくりしたい方や、映画鑑賞が趣味である方はやや暗めの照明を選ぶと良いでしょう。

リビングは人によって使い方がさまざまであるため、自分の生活に合った照明を選ぶことをおすすめします。また、何種類かの照明を場面によって使い分けることもおすすめです。

ダイニング

3つ目は、ダイニングです。ダイニングは、ダイニングテーブルに合わせて照明を決めると良いでしょう。将来ダイニングテーブルを変える可能性がある場合は、照明の向きや位置を変更できるライティングレールを設置することがおすすめです。

寝室

就寝の際にライトを消す方は多いでしょう。手元にライトのスイッチがある場合は良いですが、天井照明の場合はライトを消すとき立たなければいけない可能性があります。そのため、リモコン操作ができる照明を選ぶと良いでしょう。

洗面所

洗面所では、多くの方が身だしなみを整えるでしょう。特に女性の方は、照明の明るさや色によってメイクの仕上がりが変わります。そのため、自然光に近い明るさの照明を選ぶと良いでしょう。

 

■ まとめ

今回は照明選びで失敗しないためのポイントを紹介しました。照明選びで失敗しないためのポイントについて理解していただけましたか。照明選びでお困りの方は、本記事を参考にしていただけると幸いです。また、照明選びで相談したい方は、お気軽にお問い合わせください。