新しく住宅を建てようとお考えの方はいませんか?「高気密住宅と聞いたことがあるがどういうことか分からない」「新しく住宅を建てたいので高気密住宅とは何かを知っておきたい」

このように、高気密住宅と聞いたことはあるがその意味やどんな住宅なのか分からない方が多くいらっしゃると思います。

しかし、住宅を建てるときに知っておいた方が快適で理想的な住宅が作れますよね。そこで今回は、高気密住宅とはどのような住宅なのかご紹介します。

高気密住宅とはどのような家か

そもそも高気密住宅とは

高気密とは、家を建てる際に、材木などの接合部分などに隙間を作らず、窓や壁などにも隙間を作らないことで、冷暖房の効いた空気を逃さなくすることです。冷暖房の効いた空気を逃さないことで、「夏は涼しく、冬は暖かい」が省エネルギーで可能な家です。

気密測定

「気密測定」とは高気密住宅を建てる際に、高気密かどうかを測る測定方法です。この気密測定で、家の中の不必要な隙間を見つけ、直していくことで高気密住宅が完成します。気密測定をしてもらうときは、不正防止のため自社測定ではなく、第三者に測定してもらうことが重要です。

夏も暑くない

夏は熱を逃がさずこもってしまうため、とても暑いのではないかと思われるかもしれません。夏に一回でも家の中の温度が上がってしまうと、急激な温度変化をしないように作られているため、家の中がずっと暑くなってしまうと考える方も多いと思います。

しかし、逆の考え方を変えれば冷房も外に逃げることはなく、効きやすいということになります。換気扇などを上手に活用することで、熱い空気を外へ出し、冷房を効かせられます。

高気密住宅と換気

高気密住宅は息苦しい?

先ほど説明したように、気密住宅は隙間なく作られているため人間が換気をしないと室内の空気は変わりません。そのため、換気をしなかった場合息苦しいと感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし日本は、「24時間換気システム」というシックハウス症候群などを予防するための仕組みを導入しています。2003年7月以降に建てられた住宅には換気のシステムが必ず設置されているので、息苦しく感じることはありません。

また、隙間の多い住宅よりも空気の逃げ場がないため、換気システムによる換気が正確に行えます。

 

■ まとめ

今回は、高気密住宅とはどのような住宅なのかご紹介しました。この記事で高気密住宅のことについて少しでも理解して頂けたら幸いです。

すまいポート21では、新築やリフォームについてのご相談を随時受け付けております。住まいの専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。ぜひ一度、すまいポート21までお問い合わせください。