トイレはほっと一息つけるプライベートな空間です。毎日使う場所でもあるため、住まいと密接につながっている空間と言えるでしょう。そのような場所に不具合や不備があった場合は、早急にリフォームをご検討することをおすすめします。

しかし、いまいちリフォームのきっかけが掴めないという方は多いでしょう。そこで今回はトイレのリフォームをお考えの方に向けて、そのきっかけや費用についてご紹介します。

便器交換のタイミングとは?

不具合が起きてから焦ることがないように、事前に交換時期の目安について確認しておく必要があります。トイレ交換に踏み切るタイミングは人によって様々ですが、ここで代表的なものについてご紹介しましょう。

部品の経年劣化

まず、便器の部品の経年劣化による寿命・耐用年数が来た場合が考えられます。基本的にトイレやタンクは陶器でできています。そのため、強い衝撃でひび割れたりしない限りは何十年でも使用できるようになっています。

しかし、これは外部の話で、内部のパッキンや配管、部品などは経年劣化が10年程で起こるかもしれません。そのため、水漏れしたり、よくトイレが詰まるようになったりした際に交換する場合は多いです。通常の便器であれば10~15年、家電製品の温水洗浄便座の場合は5~10年の寿命を目安にするといいでしょう。

汚れ

次に汚れによるものです。便器の交換のきっかけは使いやすさといったポイントの他に見た目の劣化も考えられます。便器の経年劣化に関係なく、汚れが気になる場合も考えられるでしょう。

掃除しても消えない黄ばみや、消臭しても残り続ける臭いがあるトイレでは不快な気持ちになることがあります。その際に交換に踏み切る方は少なくありません。また、単純に最新のトイレに交換したい場合も考えられるでしょう。昔のものと比べて、現在のトイレは進化しています。

例えば、最新のトイレでは節水機能が大きく改善されています。これは家計だけでなく環境面においてもメリットがあるでしょう。これらのように、お客様は様々なきっかけでトイレを交換します。

トイレ交換の費用とは?

トイレ交換のきっかけを押さえたら、次に工事費用について押さえておきましょう。トイレの便器交換にかかる費用は大まかに「交換する新しいトイレの商品代」と「取り替え工事費用」に分けられます。それぞれの費用についてご紹介しましょう。まずトイレの種類によって価格相場は変わります。

組み合わせトイレ

これは便器・タンク・便座が組み合わされている種類のものです。このタイプは便座を交換できるため、温水洗浄便座を取り付けたり、その部分だけ取り替えたりできるでしょう。費用としては2万円から4万円が相場です。

一体型トイレ

これは組み合わせ型とは逆に便器・タンク・便座が一体となったものです。この場合、一体となっているため、部分的な交換などはできません。費用は少し高く、5万円から15万円となっています。

タンクレストイレ

タンクを用いずに水道から直接水を流す種類のトイレです。この種類も一体型と同様に部分的な交換はできません。相場も10万円から30万円と一番高額です。

 

トイレの商品代を確認したら次に取り替え工事の費用について見ておきましょう。交換工事単体で見た時、費用は3万円程度から依頼できます。それに伴い、トイレの内装まで変更する場合はこれよりも費用が高くなるでしょう。

 

■ まとめ

トイレはプライベートな空間です。快適な空間を保つために、不具合や汚れなど気になるポイントがあれば交換を検討する方は多いでしょう。交換する場合は、その種類や費用相場についても気を付けておく必要があります。