「注文住宅を建てたいが、どのような諸費用がかかるのだろう。」「土地の購入時にかかる諸費用を知りたい!」このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。

住宅を建てる際にはさまざまな諸費用がかかりますが、いつまでにいくら準備すべきか知っておきたいですよね。そこで今回は、注文住宅で土地を買う際にかかる諸費用をご紹介します。

注文住宅で土地を買うときにかかる諸費用

手付金

土地の売買契約が交わされたタイミングで手付金を支払います。

手付金は、土地代の10%くらいが目安とされています。手付金は、契約から引き渡しの間に買い主がキャンセルしてしまうと戻ってきません。

また、売り主がキャンセルする場合は、手付金の2倍の金額が支払われます。もし、土地の仲介業者を介して土地を購入する場合は、仲介手数料もかかります。

印紙税

住宅を建てる際には、複数の契約書を結びます。印紙税とは、売買契約書に収入印紙を貼ることで納付する税金です。税額は、売買の契約金額によって異なります。

登録免許税

家を建てるにあたり、法務局に対して登記の申請が必要です。登録免許税は、不動産登記や抵当権設定登記を行う際に必要な税金です。

登記を行う司法書士の報酬も登記費用に含まれます。家を建てる場合の所有権保存登記の登録免許税は、固定資産税評価額の0.1%です。

また、抵当権設定登記の登録免許税は、ローン借り入れ額の0.1%です。

ローン借り入れ費用

住宅ローンの審査に合格したら、金融機関とローン契約を結びます。この際、ローンの借り入れ費用として、事務手数料や火災保険料を支払います。

また、土地購入から建物引き渡しまでの間につなぎ融資を利用される方もいらっしゃるでしょう。その場合は、別に利息や手数料がかかります。

不動産取得税

建物や土地に対して、固定資産税評価額を基に計算します。一般の住宅用地の場合、固定資産税評価額の半分に対して課税されます。

ただし、いくつかの条件を満たせば、さらに税額が軽減されるケースがあります。

 

■ まとめ

以上、注文住宅で土地を買う際にかかる諸費用をご紹介しました。注文住宅を建てる場合、さまざまな諸費用がかかります。今回ご紹介した以外にも、家の建築の際や、引っ越しの際にも別の費用がかかります。事前にどれくらいの費用がかかるか調べておき、資金計画を立てておくことをおすすめします。

当社では、新しい住まいづくりの形をお客様に提案しております。専門家が中立・公平な第三者の立場で、お客様の理想の住まいをつくるサポートをしています。何かわからないことがあれば、当社までお気軽にご相談ください。