「注文住宅の購入を考えているが、土地の契約の際は何に気をつければ良いの?」「注文住宅で土地購入の契約のポイントを知りたい!」このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。

土地の購入は高価な買い物なので、契約に不安がある方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、注文住宅で土地購入の契約のポイントを解説します。

注文住宅で土地購入の契約の基本

契約の流れ

契約が決定すると、まずは不動産会社に売買契約書を作成してもらいます。そして、契約内容を確認しながら進め、重要事項説明書を交付します。

それと並行して、住宅ローンの審査や物件の調査を行います。重要事項説明書の内容に問題なければ、契約が成立します。

買い主を守る法律がある

買い主が不利益を受けないように、法律が整備されています。不動産会社と契約する場合は、宅地建物取引業法により契約内容が制限されています。

また、事業者との契約の場合も、消費者契約法で契約に関して定められています。

土地購入の契約のポイント

内容をよく確認する

原則として契約内容は自由で、一度契約を締結してしまうと、簡単に解除できません。もし解除する場合は、高い違約金を払わなければいけない可能性もあります。契約内容に関しては、すべて自己責任です。

したがって、契約前に内容をよく確認する必要があります。重要な契約条件が不明確だった場合、後でトラブルを引き起こす可能性もあるので注意してください。

手付金について理解する

契約において、買い主は売り主に手付金を払う必要があります。手付金には、証約手付、解約手付、違約手付の3種類があります。一般的に不動産の売買契約では、解約手付として授受されます。

解約手付とは、買い主は支払った手付金の返還を求めないこと、売り主は受け取った手付金の倍額を払うことで解約できると定められています。

ただし、相手が履行に着手するまでが解除できる期限であることに注意が必要です。

 

■ まとめ

以上、注文住宅で土地購入の契約のポイントを解説しました。契約は一度してしまうと、解約が難しいので事前によく確認しておくことをおすすめします。わからないことがある場合は、業者に聞いて明確にすると良いでしょう。

当社では、新しい住まいづくりの形をお客様に提案しております。専門家が中立・公平な第三者の立場で、お客様の理想の住まいをつくるサポートをしています。何かわからないことがあれば、当社までお気軽にご相談ください。