「注文住宅の購入を考えているが、土地はどのように選べばいいのだろう。」「注文住宅で土地の選び方のポイントを知りたい!」このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。

注文住宅を建てる上で、土地の購入に失敗したくないですよね。そこで今回は、注文住宅で土地の選び方のポイントを解説します。

注文住宅の土地の選び方のポイント

建物への規制がある地域か確認する

用途地域では、その土地に建てられる建物の種類が規制されます。したがって、事前に自分の選んだ土地がどのような用途地域であるかを確認する必要があります。

また、防火地域や準防火地域では、建物の耐火性能に基準が設けられています。これらは、建物を建てる際の費用にも関わってくるため、確認しておくことをおすすめします。

家の規模や形にどのような制約があるか確認する

土地には、建てられる建物の大きさや高さに制限があります。建ぺい率は、建築面積の上限を表します。また、延床面積の上限は、容積率で表します。

さらに、都市計画区域内では、幅4m以上の道路に2m以上接した土地である必要があるという決まりがあります。注文住宅を建てる前に、これらの制約を知っておいた方が良いでしょう。

地盤の強さや災害への強さを確認する

地震に強い家にするには、地盤の強さも大切です。事前に地質や揺れやすさを確認しておくと良いでしょう。

また、過去にどのような災害が起きていたか調べることで、災害に強い地域か想定できます。これらを事前に調べておくことで、もし災害が起きても被害を少なくできるでしょう。

信頼できる業者に依頼する

土地に関しては、どの業者であっても同じ情報を持っています。したがって、数多くの業者をやみくもにあたるのはあまりおすすめしません。土地に関して実績が豊富な業者を選ぶと良いでしょう。

また、土地を探す際には優先順位を決めておき、それを業者に詳しく伝えておくと良いでしょう。

 

■ まとめ

以上、注文住宅で土地の選び方のポイントを解説しました。土地を選ぶ際には、注意したいポイントがたくさんあります。少しでも気になる点があれば、業者に聞いて解決しましょう。これらを参考に、後悔しない土地選びをしてみてはいかがでしょうか。

当社では、新しい住まいづくりの形をお客様に提案しております。専門家が中立・公平な第三者の立場で、お客様の理想の住まいをつくるサポートをしています。何かわからないことがあれば、当社までお気軽にご相談ください。