「注文住宅において、どのように照明を選んだら良いかわからない。」「失敗しないための照明の選び方について詳しく知りたい。」注文住宅の購入をご検討の方で、どのように照明を選んだら良いかわからずお悩みの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

照明は、部屋の雰囲気を大きく変えるので、よく考えることが重要です。そこで今回は、注文住宅の照明器具の選び方について詳しく解説します。

注文住宅の照明で失敗を回避するために

照明を設置する際は、明るくすべき場所と多少暗くても良い場所を知っておき、メリハリをつけることが大切です。明るくすべき場所として、家族が集まるリビングや、調理する際に使用するキッチンは明るくすることをおすすめします。

照明器具の選び方

照明を選ぶ際に失敗しないために明るくするべき場所と暗くても良い場所のメリハリをつけることが大切であるとお伝えしました。しかし、他にも照明器具を選ぶためのポイントはあります。

どのように明るくするのか考える

照明には、いろいろな形のものがあります。それぞれ照らし方が異なり、明るくする方法も変わります。そのため、どのように明るくしたいかを考えて、それに適した照明を選ぶことは大切です。

デザインで選ぶ

照明をデザインで選ぶことはとても重要です。例えば、和室に洋風の照明はあまりマッチしているとは言えません。部屋の雰囲気にあったデザインの照明を選ぶことが重要です。

環境に優しいタイプのものを選ぶ

環境に対する影響を考えて照明を選ぶこともとても大切です。一般的な照明に対し、LEDは比較的地球に優しいと考えられています。また、長期間使用できるのでコストパフォーマンスにも優れているといったメリットがあります。

メンテナンスが楽な照明を選ぶ

照明を定期的にメンテナンスするのが面倒くさいと考えている方は、メンテナンスが容易な照明を選ぶことをおすすめします。汚れに強かったり、取り換えが簡単だったりする照明が人気です。

 

■ まとめ

今回は、注文住宅の照明器具の選び方について詳しく解説しました。照明器具は、場所と使用用途を考慮した上で選ぶことが重要です。注文住宅の購入を検討していて、どのような照明を選べば良いかわからず困っている方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

何かわからないことや聞きたいことがあれば、すまいポート21にお気軽にお問い合わせください。お客様に満足していただけるよう、丁寧にご対応させていただきます。