キッチンを毎日使う方が大半でしょう。注文住宅を建てる際は、毎日使うキッチンにこだわりたいですよね。そこで今回はキッチンを選ぶ際のポイントを紹介します。注文住宅をお考えの方は、ぜひお役立てください。

おすすめのキッチンとは?キッチンの種類を紹介!

キッチンをどのようにしようかお悩みの方はいらっしゃるでしょう。そこでキッチンの種類を5つ紹介します。

I字型キッチン

1つ目は、I字型キッチンです。I字型キッチンは、シンク、コンロ、作業スペースが一列に並んでいるキッチンです。壁付けにする間取りが採用されやすく、リビングやダイニングを広くできる特徴があります。

L字型キッチン

2つ目は、L字型キッチンです。L字型キッチンは、天板と調理台をL字型に設置したキッチンです。シンクやコンロ、作業スペースの位置は間取りによって変わります。複数の作業を同時にするときに効率良くできる特徴があります。

U字型キッチン

U字型キッチンは、天板と調理台をU字型に設置したキッチンです。料理の作業動線が短いため、品数が多い場合や料理を頻繁にする方は便利に使えるでしょう。

ペニンシュラ型キッチン

4つ目は、ペニンシュラ型キッチンです。ペニンシュラ型キッチンは、左右どちらかが壁に接していて半島のようになっているキッチンです。対面キッチンのため、リビングやダイニングにいる家族の様子を見ながら料理できる特徴があります。

アイランドキッチン

5つ目は、アイランドキッチンです。アイランドキッチンは、壁に接することがなく島のようになっているキッチンです。開放感のあるキッチンのため、広いリビングやダイニングに映えておしゃれになります。また、壁に接していないため回遊できる動線で、効率的に動けます。

キッチンにこだわりたい方に向けて注文住宅のキッチンを選ぶ際のポイントを紹介!

キッチンにどのような種類があるのか理解できたが、自分のこだわりを取り入れたキッチンにしたいという方はいらっしゃるでしょう。そこで注文住宅のキッチンを選ぶ際のポイントを4つ紹介します。

高さを身長に合わせること

1つ目は、高さを身長に合わせることです。キッチンを快適に使うためには、調理台の高さを適切にすることが重要です。高さを適切にしないと、料理する際に腰や肩に負担がかかる可能性があります。そのため、家族の中でキッチンを利用する頻度が高い人にキッチンの高さを合わせることがおすすめです。

調理しやすい幅を確保すること

キッチンは大きく分けると、シンクスペース・調理スペース・コンロスペースの3つのスペースがあります。特に調理スペースの幅には注意する必要があります。

例えば、調理スペースが狭いと料理する度にストレスを感じてしまうでしょう。一般的には調理スペースの幅が75センチ以上あると、余裕を持って作業できると言われています。

空間との調和や機能性を考慮して素材を決めること

キッチンは、使用する素材やデザインによって部屋の印象が大きく変わります。調理台の素材は、人造大理石とステンレスの2種類があります。それぞれの特徴を理解した上で、素材を決めることがおすすめです。

人造大理石は、高級感のある外観で手入れが楽な素材です。カラーが豊富でデザイン性も優れているため、お好みのデザインを選べるでしょう。ステンレスは、シックでスタイリッシュな素材です。傷がついても目立ちにくい工夫がされているものが多いです。そのため、安心して使えるでしょう。

必要な収納量を把握すること

キッチンは食料や調理器具など、多くのものを収納する必要があります。収納が少ないと、キッチンが散らかってしまいますよね。そのため、事前に必要な収納量を把握して、十分な収納スペースを確保する必要があります。

 

■ まとめ

今回はキッチンを選ぶ際のポイントを紹介しました。事前に自分が快適に使えるキッチンを考えて、キッチンを選ぶと良いでしょう。キッチンにこだわりたい方は、本記事を参考にしていただけると幸いです。また、キッチンに関して相談したい方は、お気軽にご相談ください。