「注文住宅の外壁をどうしたらいいか分からない!」「注文住宅の塗り壁について紹介してほしい!」外壁に塗り壁を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

塗り壁はデザイン面だけでなく、機能面でも優れています。そこで今回は、注文住宅の外壁としての塗り壁について詳しくご紹介いたします。

注文住宅の外壁には、塗り壁がおすすめ!

塗り壁とは、土などの素材を下地に塗り、それを積み重ねることで外壁にするというものです。外見はシンプルですが、おしゃれな外壁に仕上げられます。

塗り壁によく用いられるのは、漆喰や珪藻土です。漆喰や珪藻土を使った塗り壁は、漆喰壁や珪藻土壁と言われます。これらの塗り壁は、モルタルを塗った下地の上に塗装します。自然素材を使っているので、あたたかみのある壁に仕上がります。

また、色やデザインも豊富に用意されているので、外見にこだわりたい方にもおすすめです。塗り壁は一般的な外壁と同じように10~15年に1回のメンテナンスが必要で、その際には、塗りなおしが必要です。そのため、メンテナンス費用は一般的な外壁よりも高いです。

また、塗り壁を作る職人によって塗り方にこだわりがあるので、自分の理想に近い職人を見つけることも重要です。費用は、素材やデザインのパターンによって異なります。費用が気になるのであれば、業者に見積金額を出してもらいましょう。

塗り壁がおすすめな理由

塗り壁をおすすめする理由は、健康面への効果が期待できるからです。外壁が健康に関係あるのかと疑問を持つ方も多いでしょう。ですが、実際に塗り壁は、健康面において効果を発揮します。

皆さんは、シックハウス症候群という病気をご存じですか?シックハウス症候群とは、人口建材や日用品から発生する化学物質が室内に充満することで、健康被害をもたらすというものです。突然発症することで有名で、頭痛や吐き気などを引き起こします。

このシックハウス症候群を予防できるのが、自然素材を使った塗り壁です。塗り壁は、シックハウス症候群の原因となる物質を吸収するので、シックハウス症候群の症状を防ぐことが可能なのです。

 

■ まとめ

今回は、注文住宅の外壁として塗り壁をご紹介しました。塗り壁はビジュアル面でなく、健康面でも効果が期待できるものです。そのため、外壁でお悩みの方はぜひ一度、塗り壁を検討してみてください。

外壁に関してご不明なことがございましたら、すまいポート21にお問い合わせください。当社が皆様のサポートをいたします。