トイレのリフォームをお考えの方はいませんか?「トイレのリフォームで失敗したらどうしよう」「リフォームで失敗しないためには、何に気をつけたらいいの?」

このように、トイレのリフォームを不安に感じている方は多くいらっしゃると思います。そこで今回は、トイレをリフォームする際の失敗例と注意点をご紹介します。

床材選び

失敗例

リビングや廊下をパイン材の無垢フローリングにリフォームしたとある家庭は、トイレも同じ床材に張り替えました。不安はあったものの、ナチュラルな雰囲気に統一したかったそうです。

しかし、1年も経たないうちに、トイレマットの周辺が黒ずみ始めました。掃除をこまめにしていても、汚れが残っていたのです。結局、ホームセンターで似た柄のシートを敷いて隠しています。

注意点

どのような床材を選ぶ場合であっても、デザインや雰囲気だけで選ぶと失敗する恐れがあります。耐水性や耐アンモニア性の機能、メンテナンス性を考えながら選ぶ必要があります。

トイレの面積

失敗例

ある方は、ショールームで気に入った大型のタンク付きトイレを購入しました。実際に使用してみると、快適でした。しかし、掃除するためにかがむと、その度にトイレの角に頭をぶつけてしまいます。また、男性からはスペースが狭いと言われました。

注意点

トイレの面積は限られています。限られたスペースを有効に活用しないと、圧迫感が生まれます。既存のトイレ内部をリフォームするだけなら、リフォーム後に十分な空間を確保できるか確認しておきましょう。

また、開き戸の場合は、スムーズに開閉できるか確認しましょう。特に内開きの場合は、スリップに引っかかるといった点で不便に感じることもあります。

排水管の位置

失敗例

古いトイレから新しいトイレに交換する際に、排水管の変更が必要だと言われた方もいます。結局、トイレの床を含めた大がかりな工事を強いられ、追加で費用がかかりました。

注意点

トイレは商品によって排水管の位置が違います。特に古い商品は、排水管が前方にあることが多いです。その場合、工事によって排水位置を変更する必要が出てくることもあります。

 

■ まとめ

今回は、トイレリフォームでよくある失敗例や注意点についてご紹介しました。すまいポート21では、リフォームについてのご相談を随時受け付けております。

住まいの専門家が、お客様を全面的にバックアップします。ぜひ一度、すまいポート21までお問い合わせください。