「玄関収納の種類にはどんなものがあるのか」「玄関収納をリフォームする際のポイントとは何か」このような考えをお持ちの方は、いらっしゃるでしょう。玄関収納についての疑問は多いですよね。

そこで今回は玄関収納の種類とリフォームのポイントを紹介します。玄関収納のリフォームをお考えの方は、ぜひお役立てください。

玄関収納を何にしようか迷う?玄関収納の種類を紹介!

玄関収納をどれにしようか迷っている方がいらっしゃるでしょう。そこで玄関収納の種類を5つ紹介します。

フロートタイプ

1つ目は、フロートタイプです。フロートタイプは、収納スペースを玄関の床から浮かせている玄関収納のことです。足元に空間ができるため、圧迫感が軽減されます。また、足元の空間に観葉植物や照明を飾ると、玄関がおしゃれになるでしょう。

壁面収納タイプ

2つ目は、壁面収納タイプです。壁面収納タイプは、天井から床までの空間を無駄なく有効活用できる玄関収納のことです。収納容量が多く、掃除しやすいというメリットがあります。収納容量を増やしたい方は、壁面収納タイプを選ぶと良いでしょう。

オープンタイプ

3つ目は、オープンタイプです。オープンタイプは、扉を設けずにオープンになっている玄関収納のことです。出し入れが楽で、通気性が良いというメリットがあります。見せる収納を楽しみたい方は、オープンタイプを選ぶと良いでしょう。

シューズインクローゼット

4つ目は、シューズインクローゼットです。シューズインクローゼットとは、玄関横に配置された大きな玄関収納のことです。靴だけでなく、アウトドア用品やベビーカーなど大きな物も収納できるため、室内に持ち込みにくい物も収納できるメリットがあります。

荷物の多い方や、キャンプやサーフィンなどが好きな方は、シューズインクローゼットを選ぶと良いでしょう。

カウンタータイプ

5つ目は、カウンタータイプです。カウンタータイプは、背が低めのカウンターの玄関収納のことです。カウンターの上に絵や鏡を置くことで、おしゃれな空間になるでしょう。背が低いため、圧迫感も少なく空間が広く感じます。

また、カウンターの上部に吊戸棚を設けることで、収納場所を増やせます。カウンターだけでは収納が足りない方は、吊戸棚も設けると良いでしょう。

玄関収納のリフォームにおけるポイントを紹介!

玄関収納のリフォームをする際に、どのような点を気にする必要があるのか分からない方は多くいらっしゃるでしょう。そこで玄関収納のリフォームにおけるポイントを3つ紹介します。

靴箱のサイズについて

靴箱のサイズが大きいほど、収納容量は増えます。ただ、靴箱が大きいと圧迫感も感じやすくなります。また、収納場所が増えると、物も同時に増えてしまうでしょう。そのため、家族の人数に合ったサイズを見極めることをおすすめします。

臭いや湿気対策について

靴箱には臭いがこもりやすいです。また、雨で濡れた物も収納する場合、湿気によるカビが発生しやすいでしょう。そのため、臭いや湿気の対策として通気性を良くすることをおすすめします。

玄関の明るさについて

靴箱を大きくするリフォームの場合は、窓を塞がないようにする必要があります。その理由は、採光を取り入れづらくなり、玄関が暗くなってしまうからです。玄関は家の第一印象を決めると言っても過言ではないです。そのため、玄関を明るくする工夫をすると良いでしょう。

 

■ まとめ

今回は玄関収納の種類とリフォームのポイントを紹介しました。玄関収納の種類とリフォームのポイントについて理解していただけましたか。玄関収納について知りたい方は、本記事を参考にしていただけると幸いです。また、玄関収納のリフォームについて相談したい方は、お気軽にお問い合わせください。