注文住宅の購入をお考えの方の中には、購入する前に行うべきことを知らない方がいらっしゃるでしょう。事前に手順を把握しておくと、トラブルを回避しやすくなりますよね。そこで今回は、注文住宅を購入する前に決めておくと良いことを解説します。

注文住宅を購入する際に決めることを紹介

注文住宅の家を購入する際には、新築を購入する時と比べてプロセスが多いです。しかし、その分だけ満足のいく家になるでしょう。

間取りを決める

注文住宅の購入で決めておくべきことの1つ目は、間取りです。すでに建てられている家を購入する場合とは異なり、注文住宅ではご自身で間取りを決定できます。これによって、ご家族の生活スタイルに適した家を建てられます。

しかし、法律や規定、建物の構造によっては実現が難しい間取りがあるので注意しましょう。そのため、業者と事前に打ち合わせを行っておくことが大切になります。間取りには、外装と内装がありますよね。それぞれを考えて家を設計することで設備を充実したものにできます。

業者との打ち合わせ

2つ目は、業者との打ち合わせです。先ほども述べましたが、注文住宅を購入する際には業者との綿密な相談が重要です。業者の方とコミュニケーションがうまく取れていないと、ご自身が理想とする家に仕上がりません。せっかく理想の家に近づけるために注文住宅にするのですから、業者とのコミュニケーションは念入りに行いましょう。

また打ち合わせ前には、家族のライフスタイルを基準として考えてみてください。その際には少し手間はかかってしまいますが、どんな家にしたいかを図や模型にしておくと相手に伝わりやすいでしょう。

業者選び

これらに加えて、業者選びも大切です。残念なことに不動産業界には悪徳業者が多いと言われています。悪徳業者に騙されてしまうと数百万円以上の損失になってしまうでしょう。

さらには、構造的に貧弱な家を買わされてしまうかもしれません。インターネットを使って口コミやホームページを確認し納得して任せられる業者を選ぶようにしてください。

購入における注意点を紹介

続いて注文住宅を購入する際の注意点を紹介します。

こだわりすぎない

1つ目の注意点は、こだわりすぎないことです。注文住宅はこだわろうと思えばとことんこだわれるのが特徴です。しかし、家の購入で使える費用には限りがありますよね。数万円だから大丈夫だろうと予算オーバーを積み重ねていると、気づけば数百万円の予算オーバーになっているケースもあります。

全てのポイントにこだわるのではなく、妥協できるポイントと妥協できないポイントを区別しながら計画すると良いでしょう。

トラブルにならないように記録しよう

2つ目の注意点は、打ち合わせの内容を記録しておくことです。打ち合わせの時にはできるだけメモを取るようにしてください。ほそぼそとした部分で打ち合わせをしていると、悪気がなくても担当者の方とプランの内容が異なる場合もあります。そういった場合のためにも、メモやノートで記録を取っておくと後でトラブルにならないでしょう。

時間に余裕を持とう

3つ目の注意点は、時間的に余裕を持っておくことです。上記で説明してきたように注文住宅を購入する際には多くのステップがあります。ギリギリで予定を立ててしまうと家の完成が間に合わない場合もあるでしょう。

お子様の入学に合わせて引っ越そうとしていたのに、家の完成が間に合わず遠くから通学することになってしまったという事例も少なくありません。お好みのタイミングで引っ越したいというお気持ちはわかりますが、できるだけ余裕を持った計画にしておくと安心でしょう。

 

■ まとめ

今回は、注文住宅を購入する前に決めておくべきことに関して解説しました。住宅の購入の手続きは分かりにくいものが多いですよね。注文住宅の購入をお考えの方に本記事を参考にしていただけると幸いです。