昨日、娘が遠足で行った益子焼のお皿に絵付けしたものが出来上がり、持ち帰ってきました!「色が薄かったんだよー」とがっかりしている様子。
今回は絵付けのみでしたが、数年前にも一度行ったことがあります。そのときは手で土を練ってハート形のお皿を作りました。今でもよく使っています。

益子焼

左が遠足で絵付けしたもの。右が数年前に作ったもの。たしかに、ピンクの釉薬の色が薄くて見えにくい感じです。ハート好きですね^ ^

遠足の際に、ろくろの体験をしたらしく「土が気持ちいいんだよー」と話していました。
「ママもろくろで作ったことあるよ!」と言ったら、「見たい見たい」というので、数年前に作ったカップを出してみました。
自分でいうのもなんなんですが、けっこう上手にできています。先生の指導のおかげですね(^_^)ちなみにむずかしい取っ手は先生が作ってくれました。ろくろは、添える手の向きをちょっと変えるだけで、かたちが変わるので面白かったです。

益子焼

ろくろで作ったカップ。左は手のひらを外に向けて、右は内側に倒して作りました。

もうひとつはかなり前ですが、友達と益子に遊びに行ったときに作ったもの。
ろくろではなく、手で練って作りました。全部かたちも大きさも適当で、アンバランスです (^_^;)

でも、このサイズ、けっこう使えます!

益子焼

手で練って作ったカップ。このバラバラな感じ!

ろくろで作ると、端正な感じ。手びねりは不恰好だけど、味わいのある感じ。
久しぶりにまた益子に行きたくなりました!

すまいポート21運営スタッフ カズ