ゆとりのある玄関にして広々と使えるようにする玄関リフォーム。でも、どの程度費用がかかってくるのか、どんな方法があるのか、注意するポイントは何があるのか、と疑問や不安も多いと思われます。

そこで今回は、玄関の増築リフォームにかかる費用や、リフォームの際の注意点などをご紹介します。

施工方法で異なる玄関増築の費用

玄関の増築の場合、いくつかの方法があります。施行方法によってかかる費用も変動しますので、一つずつ、内容と値段の相場を見ていきましょう。まず、今ある玄関を拡大する場合ですが「約30万円」程度が相場となります。

次に、今の玄関はそのままにして、もう1つ新しい玄関を設置する方法で「約25~30万円」程度です。また、現在の玄関を取り壊した上で新しい玄関に作り替える場合は「約30~45万円」程度となります。

最後に、2階に玄関を設置する場合、「100~120万円」程度が相場です。玄関のリフォームにかかる費用は、施工面積や方法だけでなく、ドアのデザインや床の素材によっても大きく変動します。

玄関のリフォームには「ドアの費用」「ドアの設置費」「床や天井と壁の補修費用」「クロス施工」「床面・タイル施工」「収納部分の設置費用」といった費用がかかります。

それを基本として、2階に設置する場合は階段部分の費用、現在の玄関を取り壊して作り替える場合は壁の費用が追加でかかってきます。ただし、今回ご紹介したのはあくまでも相場です。

実際にリフォームした際にどのくらいのコストがかかるのかについては、施工方法を具体的に決めた上で、リフォーム会社へ相談してみてくださいね。

玄関の増築の際は雨除けの場所を考慮して行う

玄関のドアを広くしたり、位置を変えたりする場合、雨よけの位置を前もって考慮しておきましょう。雨よけから外れた場所に玄関を設置すると、その後の生活がかえって不便に感じる可能性もあります。

万が一のことも考えて、濡れた場合も大丈夫なよう、あらかじめ床を滑りにくい素材にしておくことも有効かもしれません。

 

■ まとめ

玄関の増築リフォームはかなり大がかりなものとなるため、気軽に行えるものではありません。また、それなりに費用やコストもかかります。

そのため、リフォームを行う場合は、どのような施工方法で、どんな玄関にしたいのか、という目的をしっかりと見定めることが大切です。その上で、リフォーム会社と相談して行っていきましょう。