「注文住宅を建てたいが、間取りの決め方がわからない。」「間取りをどのように決めれば良いか教えてほしい!」このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。

間取りは家の印象や生活スタイルを大きく左右するため、慎重に決めたいですよね。そこで今回は、注文住宅の間取りの決め方を解説します。

注文住宅の間取りの決め方

一番重視するものを決める

注文住宅の場合、自分の好きなように間取りを決められるのがメリットです。しかし、あまりに多くのことを希望してしまうと、費用も高くなります。

したがって、事前に一番重視するものは決めておくと良いでしょう。家族で話し合って共通認識をつくっておくと、後で迷いがなくなるでしょう。

水回りと一緒に決める

間取りを決める際に重要なのは、水回りです。水回りは一か所にまとめることをおすすめします。なぜなら、配管設備を集中させることで、工事費やメンテナンス費が安くなるからです。

また、水回りがまとまっているほうが、家事を効率良く行いやすくなります。

窓の配置を考える

窓の配置によって、部屋の中の空気の通りやすさが異なります。まずは、1つの部屋に2つの窓が基本です。

そして、風の通り道をつくるために、窓を向かい合わせで配置することをおすすめします。窓の方角は、風通しの良さで決めると良いでしょう。

□間取りを決める際に注意すべきこと

収納スペース

収納スペースがあると便利です。しかし、必要以上に収納があっても使わない可能性もあります。したがって、生活するうえでどれくらいの収納スペースが必要か考えると良いでしょう。

この際、具体的に何をどこに収納するか考えると、イメージがつかみやすくなるのでおすすめです。

コンセントの配置

注文住宅を建てる際は、コンセントの配置を見落としやすいです。したがって、設計段階でどこにコンセントが必要か確認することをおすすめします。

どの家具をどこに置くか図面に書き起こしてみると、必要なコンセントも考えやすいでしょう。特に、キッチンのように多くの電化製品を使う場所ではコンセントの数に注意が必要です。

 

■ まとめ

以上、注文住宅の間取りの決め方を解説しました。間取りを決める際は、まずは生活のしやすさを重視すると良いでしょう。また、実際にいくつかの間取りを見ながら決めるのもおすすめです。

当社では、新しい住まいづくりの形をお客様に提案しております。専門家が中立・公平な第三者の立場で、お客様の理想の住まいをつくるサポートをしています。何かわからないことがあれば、当社までお気軽にご相談ください。