「リフォームローンで必要な書類が何か知りたい」、「不動産登記簿謄本ってなに?どこで入手できるの?」などとお考えの方はいませんか?
契約や申請の際に何が必要かあらかじめ知っておくことは大切です。そこで今回は、リフォームローンで必要な書類について詳しく説明したいと思います。

リフォームローンで必要な書類

ローン審査では色々な書類が必要になってきます。銀行によって若干異なってきますので、主要なものを以下で説明します。

*銀行で受け取るもの

銀行の窓口で受け取る書類は記入が必要です。

  • リフォームローン借入申込書
  • 個人情報の収集や利用の同意書

*勤務先で受け取るもの

  • 収入確認書類
    あなたの職業や確定申告の有無で年収証明書の種類が違ってきます。公務員・上場会社の社員の方は源泉徴収を受け取りましょう。他の職業の方は役場での受け取りになります。
  • 勤続年数が確認できるもの

*リフォーム施工会社から受け取るもの

  • 資金の使い道を証明できる書類

リフォーム業者の工事請負契約書や見積書を受け取りましょう。また、重要事項説明書や建築確認通知書が必要な場合もありますので、確認しておきましょう。

*法務局で受け取るもの

  • 不動産登記事項証明書

登記簿謄本とは、不動産の所在地を管理している法務局で取得することができる土地や建物の情報です。以前までは法務局に行って申請することで受け取っていましたが、今ではデータ化されてインターネット上で申請して受け取ることができます。具体的な受け取り方法には3つあり、オンラインで申請して法務局の窓口で受け取る方法、オンラインで申請して送付によって受け取る方法、国の法務局の窓口で申請用紙を記入してその場で受け取る方法です。

*役所で受け取るもの

  • 収入確認書類
    自営業や確定申告をしている人は所得・課税証明書、それ以外の人は住民税決定通知書または課税証明書になります。
  • 住民票
    これは本人確認できるものがあれば、必要ない場合もあります。

*自分で用意するもの

  • 本人確認できるもの
    運転免許証やパスポート、保険証などです。これらは、窓口で提出する場合は原本、郵送する場合は両面のコピー、webでの契約の場合は両面の画像と扱い方が変わりますので注意してください。保険証は勤続年数確認のために使われることもあります。
  • 通帳と銀行印

□まとめ
今回はリフォームローンの必要書類について詳しく説明しました。少し専門的なものもありますので、よく分からなければ窓口で聞くなどして契約時に焦らないようにしましょう。